クレジットヒストリーの確認を一般人が行う方法はあるか、どこで調べる?

クレジットヒストリーの確認を一般人が行う方法はあるか、どこで調べる?
クレジットカードを作るには審査を通らなければなりません。審査を通過するためにはどういう手順になっているのか、みなさんはご存知でしょうか?

安定した収入はもちろん現在の職業、貯蓄、不動産、配偶者の年収などさまざまな条件の確認があります。また過去に自己破産したことがあるかどうか?そして借金があるか?ある場合は返済はどうなっているか?なども審査の対象となります。

クレジットカードを作りたいけどなかなか作れないといった人はなぜ自分は審査に通らないのか?といった点についても知りたいところですね。審査が通らない人は通らない原因があります。

またクレジットカードのランクによっても審査が通りやすいものと通りにくいものがあります。みなさんもご想像通り、クレジットカードの審査が通りやすいものは一般カードと呼ばれる年会費無料のカードです。

一方審査が通りにくいものは年会費がかかるゴールドカードです。ゴールドカードは利用額も一般カードより多いため審査も厳しくなっています。このようにクレジットカードの種類によっても審査の厳しさは異なってきます。

クレジットカードの審査の目安になるものが「クレジットヒストリー」というものです。これはクレジットカードの審査向けの点数となるもので点数によっても審査の有無が変わってきます。

自分はクレジットカードの審査でどういう対象となっているのか?といったことを知る上でもクレジットヒストリーは知っておきたいところでもあります。しかし一般の人がこうした情報を知ることができるのか?も疑問点ですね。

クレジットヒストリーですがやり方次第で自分の情報を知ることができるんです!今回はクレジットヒストリーの確認方法について紹介したいと思います。

1.クレジットヒストリーについて

クレジットヒストリーについて
クレジットカードは多くの人が所有していることと思います。クレジットカードはポイントもたまりますし、特典についてもお得なものがけっこうあります。コンビニやスーパー、ネットショップなどクレジットカードはまさしく必須アイテムです。

クレジットカードを発行するには審査を通らなければなりません。審査を通るためには安定した収入や仕事の状況などさまざまな審査があります。この審査は点数化され、そこでクレジットカードを発行していいかどうか?が採点されるわけです。これをクレジットヒストリーと言います。

クレジットヒストリーですが今の時代無視することができない大事なものでもあります。クレジットカードをあまり使わない人でもクレジットカードを所有しないなんてことは考えられないのでしょう。

またクレジットカードを発行したことがない人もクレジットカードを発行したいと思っているかもしれません。海外旅行へ行く予定の人もぜひとも1枚は所有していたいところです。

クレジットヒストリーですがクレジットカードの利用履歴のことです。過去にどういうクレジットカードを作ったか?申し込みはいつどこのものを申し込みしたか?、クレジットカードを利用した際、返済はきちんとされていたか?などいくつかのポイントがあります。それらがデーターとして残されているのです。

データーですが日本の情報機関はズバリ3か所です。このいずれかに記録は残されています。
・全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
上記期間はクレジットヒストリーの情報機関という部類では同じですがそれぞれ特徴があります。

クレジットカードを発行した場合、まずは株式会社シー・アイ・シー(CIC)へ登録がされます。クレジットカードを持っている人は株式会社シー・アイ・シー(CIC)へ自分の情報が登録されていると思って間違いありません。

クレジットカードの申請をした場合、申し込みをしたクレジット会社がクレジットヒストリーを確認して申し込み者に対してクレジットカードを発行していいかどうか?を判断するわけです。

クレジットヒストリーですが可能なら自分の状況を確認したいといった人もいることでしょう。次はクレジットカードのヒストリーを自分で確認する方法について紹介したいと思います。

2.クレジットヒストリーを自分確認する方法

クレジットヒストリーを自分確認する方法
クレジットヒストリーは関連業者でないと確認できないのでは?と思っている人も多いことでしょう。一般の人にはなじみのない世界です。しかし自分に関する情報ですし、確認してみたいといった人もいることでしょう。結論からいうとクレジットヒストリーは自分で確認することが可能なのです!

株式会社シー・アイ・シー(CIC)ですがCREDIT INFORMATION CENTERとも呼ばれています。名前を聞いたことがあるといった人もいるのではないでしょうか。

上記期間は個人の信頼情報が2年間分保管されています。クレジットカードの発行もまずはここを見て判断するといわれています。

株式会社シー・アイ・シーですが情報開示を求める場合、そんなに難しい方法ではなく開示が可能となっています。郵送はもちろん、パソコンやスマホ、携帯などでも情報開示を依頼することができるんです!これなら今すぎにでも確認できますね。

まずは株式会社シー・アイ・シーの公式サイトにアクセスしてみましょう。そして「自分の信用情報を確認」というコーナーがあるのでそこを見てみましょう。
https://www.cic.co.jp/

情報の確認ですが確認できる利用時間などがあるので注意が必要です。利用時間ですが朝8時から21時までとなっています。料金は1000円です。

オンライン開示を希望する場合支払いはクレジットカードのみとなっています。クレジットカード持っている人は問題ないのですが、持っていない人は郵送か窓口での利用となります。

またクレジットカードもどこのものでも利用できるわけではないのでこの点も注意しなければなりません。

クレジットカードですがビザやマスターなどはわりとどこでも利用できますがアメックスやその他のカードとなると利用が制限されているケースも多くみられます。なぜそうしたことが起きるのか?というとカード会社へ支払う手数料の問題がほとんどです。

ひとまずクレジットヒストリーは個人でも手軽に確認することが可能であることがわかっていただけたかと思います。クレジットカードを利用できる状態ならオンラインで簡単に見ることが可能です。

3.開示情報について

開示情報について
自分のクレジットヒストリーは1000円支払う必要がありますが簡単に開示できることがわかったかと思います。手軽に開示できるので開示してみようといった人もいることでしょう。ところで開示情報はどういうものか?も気になりますね。ここでは開示情報についてご紹介したいと思います。

開示情報ですがまずは本人情報となります。本人情報は名前や生年月日、電話番号、住所、勤務先、勤務先名、勤務先電話番号などです。クレジットカードやその他の申し込みでもこうした基本情報は申請することも多いことでしょう。そうした情報がここでも保管されています。

次に契約内容です。契約内容についても履歴が残っています。契約した種類はどういったものか?契約内容はどういう内容か?契約年月日と終了日、支払い状況、支払い回数、利用した内容、キャッシング、購入した商品名などです。

買い物したデーターなどはクレジット会社にデーターが上がってくるので履歴がわかるのは当然ですがきちんとここで保管されていることに驚く人も多いかもしれません。

支払いについても大事なデーターです。支払い状況ですが請求額、入金額、残高、キャッシングなどの確認、返済状況、経過、終了状況です。請求発生から完了までのデーターが残されていることがわかります。

4.支払い情報のチェック

支払い情報のチェック
支払い情報についても大事な情報です。クレジットカードを利用して支払いがきちんとなされているか?の確認となります。クレジットカードはそれぞれショッピング枠やキャッシング枠が設定されています。これらの枠で利用が可能となっています。

クレジットカードを利用したら翌月か翌々月など後にはなりますが支払いが必要となります。通常の1回払いであれば利子はかからず利用した額のみの請求です。支払いに向けて口座に引き落としになってもいいようにお金を準備しておきます。

これがクレジットカードの支払いの流れなのですが手元にお金がない、あるいはなんらかの事情で支払いができなかったり、遅延するケースがあります。そうした場合は利息が発生したり、対応の必要が出てきます。

支払いについてもすんなり支払った人と遅延をしたり、支払いをしていない人であれば当然審査にも差が出ます。遅延もたまたま口座開設がうまくいかずに遅れたといった場合もあれば何度も遅延している悪質なケースもあります。そうした情報が支払い情報として掲示されています。

支払いについては支払い日の前にお金を準備しておき滞りのないよう対応しましょう。クレジットヒストリーとしてもマイナスになりますし、振込手数料が自分持ちなど不利になります。評価も金銭的にも損をしてしまいます。

5.入金状況について

入金状況について
クレジットヒストリーには入金状況という欄があります。入金状況ですが支払い状況のことをいいます。入金状況については最新のものが反映されています。

入金情報ですが左が1番新しいものとなり、その次は前月分です。そして全前月分となります。このように過去のデーターが記されています。データーを見ると$マークやAといったマークがあるかと思います。

まず$マークですがその月は正常に支払いがされているという表示です。$しかないといった人は支払い状況がきちんとされておりはなまる評価ということになります。これが1番の理想形です。

次に-の表示ですが請求がないという意味です。クレジットカードを全く使っていないときはこうした表示となります。これも全く問題ありません。

Aという表示もあります。これは問題ありのマークです。Aの表示はお客さん側の都合で入金がなかったというマークです。口座開設の手違いや口座にお金が入っていないことに気が付かず支払いがされていないなどさまざまな事情があるかと思います。これらについても一律お客様側の事情とされてしまいます。

Bですが支払いがあるにも関わらずお客様以外の以上で入金がなかったというものです。例えば口座開設の不備やクレジットカード会社の都合で手続きが間に合わなかったといったケースが該当します。

Cは入金がされていない状態で理由がわからないといったものです。支払いもきちんとされていなければ本人との連絡がとれずよくわからないといったケースです。

Pですが請求分の一部が入金された状態です。本当は10万円の支払いなのに、5万円だけ入金されたといった状態がこれに該当します。

Rですがお客様以外から入金があったケースです。これは家族が支払ったというケースが多いです。子供が支払いをしないので親がかわりに支払ったという場合などが該当します。

このように入金状況はマークで示されており一目でわかります。問題ないのは$と-です。Aですが1日でも返済が遅れるとついてしまうマークです。これは十分な注意が必要です。

またPについても要注意マークとなっています。要注意などマークが増えると審査にも影響するので支払いは速やかに、そして遅延がないように気を付けましょう。

6.ブラックリストについて

ブラックリストについて
みなさんは「ブラックリスト」と聞くとどういうイメージを思い浮かべますか?ブラックリスト・・・なんともいい言葉とはいいがたいところです。ブラックリストは良くない、危険などを意味しておりそのリストとなるとなんだか悪そうな予感ですね。

ブラックリストは借金の世界でもよく用いられます。クレジットカードも借金の1つです。クレジットカードはお金にかかわるものなので審査についても信用情報機関のクレヒスを確認するなど厳重に行われます。

個人信用情報機関で個人の情報を確認するわけですが中には事故情報などもあります。金融機関や信用機関でのトラブル、すなわち返済の滞りや自己破産などが主な要因です。指定信用情報機関では個人情報を保管しており情報機関としても大事なものとなっています。

クレジットカードを発行するにあたって情報開示がされ審査の信用情報として使われるのがクレジットヒストリーです。過去の開示報告書なども目を通しておくといいでしょう。

クレジットカード審査ですがクレジット会社向けに入金がきちんとされていればそんなに問題になることはありません。返済状況がしっかりしていればいいわけです。クレジットカードの引き落とし口座の入金状況について確認しましょう。

クレジット情報ですがカードの返済履歴が大事です。過去の返済は5年前までさかのぼってデーターが残っているので注意しましょう。

クレジットカード発行申請の場合、携帯電話など申込情報の確認もあります。契約の際は信用が大事です。申込情報として利用者の入金情報や返済履歴がクレジットスコアとして残されているのでそちらをきれいな状態にしておきたいところです。

クレジットのおすすめですが各種クレジットカードで内容やサービスが違うので自分のライフプランにあったものを選びましょう。筆者は旅行好きなのでマイレージが貯まりやすいクレジットカードを利用しています。

住宅ローンの状況なども関わりがあります。ローンを抱えている場合借金に該当するので個人信用情報センターでの管理下となります。

クレジットカード決済ですが海外では手数料が高くなることもあるので確認しておくといいでしょう。クレジットカード関連情報ですが受付番号があると確認がスムーズです。住宅ローン審査基準や残債額など銀行に関する個人情報もクレジットヒストリーの対象となります。

クレジットカードなどもそうですが請求が来た場合で支払いをしなければならないものは速やかに支払うことが大事です。

金融事故などについては自分で確認しないとわからないかもしれません。自分でクレジットヒストリーを確認できる方法があるのでそちらの利用を検討するのも1つの手段です。

消費者金融の会員の人は消費者金融への支払いなどもカードで行っていることでしょう。これも信用情報の1つとなります。

ブラックリストですが普通にクレジットカードを利用して普通に返済していたり、住宅ローンも滞りなく返済してればまず載ることがないリストです。過去に自己破産等を経験されている方は5年間は確実に履歴が残るので注意が必要です。

過去にブラックリストに載った方も基本的に5年を経過すればクレジットカードを作るチャンスは出てきます。そうした人はまず審査が通りやすい楽天やイオンの一般カードから作ってみるといいでしょう。

クレジットカードで大事なのはクレジットヒストリーもそうですが現在安定した収入があるかどうか?も大事なポイントとなります。安定した収入があればわりと簡単にクレジットカードを作れるところもあります。ただし自己破産や何度も支払い遅延をしているケースは審査も通りにくくなります。

7.総括

クレジットヒストリーは簡単に閲覧することが可能です。株式会社シー・アイ・シーで閲覧できます。閲覧ですが1000円の費用がかかります。これをクレジットカード決済できればオンライン表示で見ることが可能であり大変手軽です。

このように株式会社シー・アイ・シーを利用すれば簡単にクレジットヒストリーを見ることができます。クレジットカードの申請をしても何度も落とされる人はクレジットヒストリーの状況を確認しましょう。

またクレジットカードヒストリーに問題はないのにクレジットカードの申請をして落とされるといった人は短期間に多数のクレジットカードの申し込みをしていないでしょうか?

短期間にクレジットカードの申し込みをしている場合、クレジットカードの悪用が疑われクレジットカードの審査に通らない場合も少なくありません。そうした人は半年以上間をおいて、まずは1枚申し込みをしてみましょう。

クレジットカードの審査ですが各社で審査基準が異なり、そしてその基準は公表されていません。大体の予想で取り組むしかないのです。そこでまずは作りやすいカードから作ることをおすすめします。

ACマスターカードも初心者向けのクレジットカードです。こちらのクレジットカードは年会費永年無料となっています。無料のカードなのでずっと持っていても問題ないことでしょう。発行についても最短即日で発行対応しています。この点もメリットですね。

ACマスターカードですが過去の履歴よりも現在の収入があるかどうか?が焦点となります。こうしたカードを作成して少しずつクレジットカードヒストリーを積み上げていけばさらにクレジットカードは作りやすくなります。