家族カードとは?契約前に知っておきたいメリットとデメリットや注意点を解説

家族カードとは?契約前に知っておきたいメリットとデメリットや注意点を解説
クレジットカードは必須アイテムといった人も多いことでしょう。コンビニやスーパー、インターネット通販での買い物などクレジットカードはとても便利です。最近はポイントを貯めるためにクレジットカードを利用するといったユーザーも増えています。

クレジットカードですが年配の人は現金主義が多く浸透も遅れがちでしたが、最近はクレジットカードのポイントの魅力にはまって利用しているユーザーも増えています。

どういったカードが人気か?というと身近なところだと生協のクレジットカードです。生協で買い物をする機会が多い人は生協のポイントを集めるのにクレジットカードを利用している人もみられます。

スーパーについては生協だけではなくイオンやその他のスーパーでもポイント加算を効率よくやれば年間でけっこうなポイント数になることも少なくありません。

クレジットカードですがせっかくなら家族も共有してポイントを集めたいところですね。その他クレジットカードは様々な特典があるのでそちらについても家族で共有したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

支払いについても家族カードではまとめて管理することが可能です。例えば大学生の子供にクレジットカードを持たせたいといった人もいるかと思います。そうした場合におすすめしたいのが家族カードの利用です。

家族カードはカード所有者に特段問題なく、また比較的簡単に発行できるカードです。家族の審査などは不要なので試しに発行してみてもいいかと思います。

ここでは家族カードについて契約前に知っておきたいメリットデメリットや注意点についてご紹介したいと思います。

1.クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み
クレジットカードですが多くの人が所有しているかと思います。ポイントを集めることを目的にクレジットカードを持っている人や海外旅行へ行くために持っている人、普段利用はしないけれど念のため所有している人などさまざまなことでしょう。

クレジットカードですがそもそもどういう仕組みで支払いがなされているのか?何気なく利用しているとちょっとわかりづらい点でもあります。

クレジットカードの利用ですがお店での買い物やキャッシングなどいくつかの利用方法あります。クレジットカードを利用すると翌月か翌々月あたり銀行口座から引き落としになるのが通例です。

その間の支払いですがお店側への支払いはクレジットカード会社が建て替えて支払っています。いわゆるつけ払いを代わりにクレジット会社で行っている状態です。

クレジットカードですがクレジットという言葉には「信用」という意味があります。そのためアメリカではクレジットカードは信用の証ともいわれておりクレジットカードを持っている人は社会的信用がある人となります。

クレジットカード会社で信用があると認められた人だけに発行されるカードなので確かにそういう理論になるわけです。日本だとクレジットカードが強い信用という印象ではないかもしれません。

クレジットカード会社はお金を貸し付けるわけですから返済についてリスクを背負うことになります。100人が100人きっちり返済してくれるわけではないからです。きちんと返済する人が大半ですが中には遅延したり、返済がされずに自己破産したりトラブルに巻き込まれることもあります。

こうしたリスクはありますがクレジットカードがあればクレジットカード会社で先にお店側に支払いを行ってくるので現金がない状態でも買い物ができるわけです。

クレジットカードは1回払いやボーナス払いだと支払い手数料がかからず利用した分の返済となります。またクレジットカードで利用したお金の支払いは翌月や翌々月など後払いになるので時間の利益もあります。

今月苦しいけれど、来月ボーナスが出るといった場合はクレジットカードで支払ってボーナス払いにすることでお金の工面ができるなんてこともあるわけです。クレジットカードの仕組みをうまく利用すれば家計も上手にやりくりできる可能性があります。

2.家族カードとは

家族カードとは
クレジットカードですがさまざまなカードがあります。ゴールドカードや一般カードなど色んなクレジットカードがありますよね。またETCカードや家族カードなども付属でつけることができます。

家族カードですがファミリーカードとも呼ばれているカードで家族で共有して利用できるカードです。親カードと子カードの形の利用形態となっています。

家族カードの発行ですがクレジットカード契約者本人が契約者となります。例えば父名義のクレジットカードであれば父名義の家族カード(妻用)となるわけです。契約者があくまで父となります。

家族カードの発行は配偶者だけではなく子供でも可能です。よくある例としては大学の子供に家族カードを持たせる例です。この場合請求先と支払いは契約者になるのでその点も理解した上で発行しましょう。

家族カードは追加カードと呼ばれており年会費なども解約あるいは無料であることも少なくありません。無料ならぜひ持ちたいといった人もいることでしょう。

家族カードでも付帯のサービスについても利用できることが多いです。ポイントなどについても家族カードで家族が利用すれば契約者につく形となります。

請求については契約者のところに届くのでどのくらい利用しているかも一目瞭然です。1人暮らしの学生なら光熱費などを家族カードで支払うケースもあるかと思います。

経済的に裕福な家庭だと子供にクレジットカードを持たせて「自由に使っていいよ」というケースもあります。いずれにしても家族カードを発行して利用した場合、契約者が支払うシステムなのでお金の流れについては確認することが大事です。

家族カードですがメリットデメリットがあります。そちらも把握しておきましょう。

3.家族カードのメリットとデメリット

家族カードのメリットとデメリット
家族カードを持つケースが増えています。筆者も家族カードを発行した経験があります。ここでは家族カードのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

家族カードのメリットですが会員本人の特典を受けることができる点です。これはカードによっても異なるので確認が必要です。

例えば特典が非常に充実しているアメリカンエクスプレスゴールドは海外旅行の行きと帰りに自宅から成田空港などの一部空港で無料宅配サービスが利用できます。家族カードでもこちらの利用は可能です。

いますぐ作りたいカードですが年会費が3万円とけっして安くはないカードとなっています。家族2人で所有したら年会費は6万円です。そこで1人分アメリカンエスプレスを発行し、もう1枚は家族カードを持つといった方法があります。

家族カードでも空港の特典は利用できますし、チケット購入をすれば海外旅行保険の対象になります。このようにカードのメリットを受けることができるのも家族カードの特徴です。

デメリットですが家族がカードを利用すると会員本人が支払うことになります。家族が勝手に買い物をしてもカード会員本人が責任を取らないとだめなので家族でルールを決めておく必要があるわけです。

4.契約前の注意点

契約前の注意点
家族カードですが契約をする前に注意点を把握しておく必要があります。家族カードは本会員と同じように利用できるクレジットカードではありますが、本会員のクレジットカードの付属であり全く同じというわけにはいかないことがあります。

ポイント加算などは会員本人と同じように利用できることが多いです。しかし特典については家族カードだと若干異なることがあります。例えば海外旅行保険です。海外旅行へ行く予定の方でクレジットカードを発行する人の中には海外旅行保険目当てといった人もいることでしょう。クレジットカードの保険でも海外旅行保険は十分賄えることが多く、とても便利です。

海外旅行保険については自動付帯や利用付帯があります。また会員本人以外利用できない場合と家族の分までカバーしている分もあります。これはカードの利用前に確認しましょう。

家族で海外旅行へ行くなら家族の分もカバーされているものが良いでしょう。その場合、ゴールドカードでないと対象にならないことがほとんどです。保険の適用についても海外旅行のチケット購入など条件が付加されていることもあります。

家族カードも無料で発行できるものとそうではないものがあるのでこちらも契約前に性質を知っておくことが大事です。

5.契約方法

契約方法
クレジットカードの契約方法ですがみなさんもご存知の通り審査があります。審査が通って無事クレジットカードが発行されれば一安心ですね。ところで家族カードもほしいといった人はどういう手続きになるのでしょうか。

家族カードですが家族カードの場合審査の対象はカード会員となります。カードを持っているカード会員は基本的に審査をクリアしているので家族カードについては申し込みをすればすぐに発行されるシステムとなっています。ただし遅延があったり利用状態が良くないと家族カードの発行ができないので注意が必要です。

家族カードを発行してもらいたい場合、てっとり早いのがサポートセンターへ電話するといった方法です。サポートセンターへ電話し家族カードを発行したい旨伝えると簡単に発行してもらえます。

例えば結婚した子供についても発行が可能です。親が連絡すれば家族カードの対象となります。家族カードですが会員本人の手元にカードが届きます。受け取りも会員本人宛となります。

名義については家族で指定できます。ヤマダタロウさんがヤマダシロウあてに家族カードを発行したらヤマダシロウの名前でクレジットカードを発行できます。ぱっと見ではヤマダシロウさん本人のカードにしか見えないので家族カードと区別がつきません。

利用についてももちろんカード本人とおなじように買い物ができますし、キャッシングもできます。そのあたりの機能についてはカード会社に異なるので事前に確認しましょう。

6.お勧めのクレジットカード

お勧めのクレジットカード
クレジットカードのおすすめですが海外旅行へ家族で行く予定なら断然アメックスのゴールド(個人)です。会員紹介のプログラムを利用すれば1年目は無料で作成することができるので試しに利用してみてはどうでしょうか。3万円の年会費が1年間無料となり大変お得です。

アメックスゴールドは家族カードを作ることが可能です。家族カードは1枚まで無料で作ることができます。

アジア各国へ家族で出かける予定の方もいることでしょう。アメリカンエクスプレスはプライオリティカードについても発行することができます。無料で年に2回までラウンジ利用ができます。夫婦2人でプライオリティカードを発行して海外へ行けば、有料ラウンジを2度利用できるわけです。

このラウンジですが世界各国の空港にあります。お酒や食べ物が自由なところがほとんどです。飛行機の出発間際まで利用できるので大変便利ですし、おすすめです。

またゴールドカードの場合、一般カードに比べて海外旅行の件の補償も手厚い場合が多いです。手厚い補償で安心して海外旅行へ行くことができます。

家族カードの発行についてもこうした特典を受けることができとてもおすすめです。アメリカンエクスプレス(ゴールド)は年会費が高いですが、このように家族カードを利用すれば年会費をカバーできるような特典になることもあるわけです。

荷物の無料宅配サービスや海外旅行保険、飛行機の遅延などの保険適用などさまざまな活用術があります。海外旅行へよく行かれる方にもおすすめのカードです。

 

海外旅行となると飛行機のマイルについても貯めることが可能です。利用の航空会社のマイレージポイントがあるクレジットカードを作るのも1つの手段だと思います。

7.使い方の注意点

使い方の注意点
家族会員カードを発行しているケースもあることでしょう。このカードは会員カードの付属で発行できるカードで家族カードと呼ばれています。家族会員が所有することも可能ですし、必要枚数を家族向けに発行できるクレジットカードでもあります。

カード会社からの請求は本人カードのところに届きます。付属カードについても支払いが必要です。そのためカード発行の際は家族のカード利用についても支払いの責任が生じます会員カード自体のカードというイメージです。

クレジットカード初心者は家族会員自身のものが基本カードとなるのでその点も把握しておく必要があります。家族カードですが希望があればカード停止もできます。

ゴールドカードについては家族カードを発行した場合格安で発行できることも少なくありません。こちらもおすすめです。

クレジットカードは事故カードと呼ばれるものもあります。金融トラブルなどはそうした例もあります。

カード管理ですがカード利用自体停止にしてしまうこともできます。家族カードで家族の使いすぎを防止するためです。方法が判らない人はクレジットカード会社に問いあせてみるといいでしょう。

クレジットカード利用料金ですがゴールドカード付帯サービスなどゴールドカードだと年会費がかかります。無料dカードGOLDなど無料で発行できるものもあります。

クレジットカード利用履歴ですがカード会員本人に請求が届くので家族にクレジットカードの利用を知られたくない人は家族カードの利用は控えた方がいいでしょう。

最近は日常生活でもクレジットカード派が増えています。カードの審査が通らない場合、過去に遅延があったり自己破産しているなど何からの原因がある場合がほとんどです。またクレジットカード審査ですが審査が通りやすいカードとそうではないカードがあります。

クレジットカードの注意点を学ぶならクレジットカード大学というサイトもおすすめです。入会や支払い、ポイントなどの解説もあるので参考にしてみるといいでしょう。

家族カードの発行は配偶者についてももちろん可能です。ポイントサービスについても家族本人に加算されます。マイレージが貯まるものもあるので旅行で活用するのも良いでしょう。

カード利用分の請求はカード会員本人に届きます。サービスについてですが年会費無など無料で家族カードを発行できるケースもあれば1000円など安価でクレジットカードを発行できるケースもあります。

口座引き落としはカード会員本人宛となり海外旅行保険なども利用できるケースが多々あります。

年会費をはじめ家族カードはメリットとデメリットを把握し利用するといいでしょう。注意点についてもよく熟知することが大事です。そうした上での利用はお勧めのカードでもあります。