クレジットカードを無職でも作りたい!エクストリーム審査通過の裏側を紹介

クレジットカードを無職でも作りたい!エクストリーム審査通過の裏側を紹介
無職の人の中にはこれから海外旅行へ行こうと決意している人もいるかもしれません。また留学などを希望している人もいることでしょう。せっかくの時間なので金銭的に問題なければ海外へ行くのも良いかと思います。

ところで無職の人がクレジットカードを作る場合、審査はどうなのでしょうか。クレジットカードを作る基本条件は「安定した収入があること」が前提となっています。無職でも安定した収入があれば問題ありませんが多くの人は無職の場合、収入がない状況かと推測します。

筆者もOL時代作ったクレジットカードのショッピング枠を広げたいと思いクレジット会社に連絡したところ、会社を退職して無職の状態なのでショッピング枠は増加できないと断られてしまいました。ショッピング枠を20万円ほど増額したかったのに断られてしまいなんとも無残な・・・と思ったものです。

このとき在職中にショッピング枠を拡大したり、違うカードを作っておけばよかったと思いました。結果として無職の時点でそう感じてもどうすることもできないわけですが。

無職だからクレジットカード作成はあきらめる・・・なんてことはできればしたくないですよね。ここでは無職の人向けにエクストリーム審査通過の裏技を紹介したいと思います!

1.無職の人はクレジットカードが作れない?

無職の人はクレジットカードが作れない?
無職の人はクレジットカードを作れないと思い込んでいる人も多いことでしょう。また実際にクレジットカードの発行申請をしたものの審査が通らなかったという人もいるかもしれません。無職の人はクレジットカード作成の道が完全に閉ざされた状態なのでしょうか?答えは「NO」です。審査が通らないこともありますが、絶対に作れないというわけではないのです。

クレジットカードを作れる条件の1つが安定した収入があることです。安定した収入がないとクレジットカードは作りにくいのが事実です。しかし無職といっても色々あるわけでもう生活していけるだけの財産を築き上げたので仕事を辞めた人もいますし、配偶者の収入で生活ができるケースもあります。

まず貯蓄ですがこれもクレジットカード作成にあたり記載する欄があります。貯蓄状況についても審査の対象となります。次に配偶者の収入ですがこれもポイントとなります。不動産状況の有無についても確認欄があります。

上記の場合の無職は返済能力があると認められクレジットカードを作ることが可能な場合があります。一方無職でも貯金なし、不動産なし、収入なしだとちょっときついです。さらにローンがある人は断然不利になります。

主婦や主夫の人は無職だと思っている人もいるかもしれませんがこうした場合は無職ではなく主婦や主夫となります。職業ではありませんがまた違うモノとなっているのです。

無職と一言で言ってもそれぞれ環境が違いますし、貯蓄や不動産などの状況でもクレジットカードが作れるかどうか?は違ってきます。

さらにクレジットカードは多数の種類があります。クレジットカードですが無職の人が作りやすいカードとそうではないカードがあります。また過去に全くクレジットカードを作ったことがない人はデーターがない状況なのでやはり不利となります。

結論ですが無職の人でもクレジットカードが作れる可能性はあります。

2.家族カードを作ろう

家族カードを作ろう
クレジットカードですが家族カードというものがあります。筆者も家族カードを持っています。家族カードですがカードを持っている本人がクレジットカード会社へ発行手続きを行えればわりとすんなりと作成してくれます。

家族カードは家族が審査の対象であり新たにカードを所有する家族に対して審査はありません。ただし引き落としもカードを所有している本人となります。家族カードを子供や配偶者向けに発行しているケースもありますが結果的に親元のカード所有をしている人が責任を持つことになります。

無職の人も家族カードを持っていればクレジットカードとして利用できます。筆者が家族カードを発行してもらった理由ですが親がアメックスゴールドを持っているからです。アメックスゴールドは年会費3万円ほどかかります。

アメックスの場合、家族カードは1枚まで発行無料です。そしてアメックスの特典を利用できます。近々海外旅行へ行く用事があったので発行してもらいました。なぜならアメックスゴールドは家族カードも出国時・帰国時に自宅から成田空港までのトランク配達1個無料というサービスがあったり、プライオリティパスについても発行できるんです。アメックスの場合プライオリティパスは家族カードでも発行でき、年に2回まで利用することが可能です。

このように家族カードを持っていると支払いももちろんクレジットカードを利用できますが特典を活用することもできるんです!もちろん無職でも可能です。家族カードを検討してみるのも良いでしょう。

3.ACマスターカードは審査が通りやすい

ACマスターカードは審査が通りやすい
ACマスターカードは無職でも発行しやすいカードです。エクストリーム審査通過としても一押しのカードです。ACマスターカードは消費者金融でおなじみのアコムです。ACマスターカードはアルバイトやパート、無職の人でも作りやすいカードとしておなじみとなっています。

クレジットカードといえども消費者金融だと高い金利でお金を借りるというイメージが強いかと思います。クレジットカードの中で消費者金融系のものは自動契約機の利用も可能となっています。そうなると最短でクレジットカードを発行できます。

最短でクレジットカードを発行できるのはうれしい話ですが自動契約機を利用できる状態になっているとお金が足りないとき、ついキャッシングに手を出してしまう危険性もあるかもしれません。

ACマスターカードですがクレジットカードとしては特典も少ないですし、あまりメリットもありません。例えばETCカード目当てでACマスターカードを作るならこのカードはETCカードを作ることができないので違うカードを作らなければなりません。

またクレジットカードといえばポイントも大きな魅力です。ポイントについてもACマスターカードは加算されません。ポイントを集めたい人にはおすすめのできないカードとなっています。

支払いについても大きな落とし穴があります。リボ払いに特化したカードとなっており支払いについても1回払いにしないと手数料が発生します。このように普通のクレジットカードとは異なります。

無職でどうしてもクレジットカードを作りたいといった人はこのカードでもいいかもしれませんが、クレジットカードというよりもカードローンのイメージなので使い方にも注意が必要ですし、メリットも大きいとは言えません。

ACマスターカードは無職でも審査が通りやすいこと、そして即日発行ができることがメリットと言えます。

4.無職になる前にクレジットカードは作ってしまおう

無職になる前にクレジットカードは作ってしまおう
無職になるとクレジットカードは作りにくくなるといったことはご存知かと思います。しかし本当に作れないのか?というと作れるものもありますし、個人の資産などの状況でも変わってきます。

独身で1人暮らしの場合は離職する前にクレジットカードが必要なら発行しておくことをおすすめします。なぜならやはり無職だとクレジットカードの発行は不利になるからです。

クレジットカードの発行基準の1つに「安定した収入があること」といった条件があります。主婦や主夫の場合、配偶者がいて配偶者の収入も審査の対象になります。それが独身で1人暮らしだし配偶者の収入は対象にならないわけですし、完全に個人のみの審査となります。

無職になると何かと不便なこともあります。ローンがある人や賃貸物件に住んでいる人、貯金があまりない人などそれぞれ環境は異なることでしょう。そうした場合、不動産を所有している人や貯金がある人は無職であってもクレジットカードは発行しやすいです。

いずれにしてもクレジットカードの審査で無職はあまりいい条件とは言えません。すごい資産家で仕事はもうしないといったケースであれば話は別ですがそうでない場合、無職の人は特に生活費にあてるためにクレジットカードを発行したがっているケースも少なくなく支払いが滞ってしまったり、返済されないケースも後を絶たないためです。

退職前は何かと忙しいかと思います。引きつぎや手続き、引っ越しなどがある人もいることでしょう。多忙だと思いますがやるべきことはやってしまいましょう。

特にクレジットカードのように無職になったら作りづらいものは先にやっておくといいでしょう。

5.無職でもカードが作れるケース

無職でもカードが作れるケース
「仕事やめたらクレジットカードが作れなかった」なんて話を耳にしたことがある人もいることでしょう。クレジットカードの発行は審査があり、審査基準をクリアしてしない審査で落ちてしまう場合があります。

例えばどういったケースか?というと仕事をやめて無職になってしまったケースです。仕事を辞めた理由ですが人間関係が悪かったり、学校へ進学するためだったり、長期旅行を希望していたり、学校へ進学するなどさまざまな目標があることと思います。理由はどうあれ職業は無職でありクレジットカードの発行は不利になります。

無職ですが主夫や主婦の場合、配偶者の年収が基準点となるので無職であっても収入があるとみなされクレジットカード発行に影響はあまりありません。

無職でもクレジットカードが作れるケースはいくつかあります。例えば貯金をある程度持っている人です。貯金があれば返済についても問題ないですし世間の信頼を得ることができます。

老後や子供の学費に貯金している人も多いことでしょう。そうした人は用途を問わず貯金にみなされ、クレジットカード会社からも信頼を得ることができるわけです。

クレジットカード会社の立場にたってみるとわかりますが仮に10万円を貸し出す相手が1000万円の貯金を持っている人と貯金が10万円しかない人ならどちらに貸しますか?当然ながら前者に貸し出すことでしょう。

クレジットカードは気軽に利用でき借金という感覚がないかもしれませんが、ショッピングをすることによって借金が増えます。そして翌月や翌々月など返済にあたるわけです。それまでは借金ということになります。

無職でもクレジットカードを作るができる例ですが過去にクレジットカードを作っておりまた返済も滞りなく行っているケースです。この場合、クレジットヒストリーが残されており無職であってもこの人なら過去の履歴もしっかりしていると貸し出しても良いだろうという判断になります。

不動産についてもポイントとなります。不動産を所有している人でかつローンがない人は断然有利です。不動産を所有していてもローンがたくさんあるとローンの方ばかり審査の対象となり不利になります。

ではローンがある状態と賃貸ならどっちが有利か?というとローンがない状態で賃貸の方が有利となります。不動産を所有していないといった点で不利ですがローンがあるのはマイナス点です。

不動産については家族が所有している場合も審査でプラスポイントとなります。実家暮らしの人は家族が不動産を所有していて、さらにローンがないとこれまた有利です。

はじめてクレジットカードの申し込みをする人は「なんでこんなことまで聞くんだろう?」と疑問に思うかもしれません。クレジットカードの発行はこのように審査も厳重でその上で検討されるのです。

その他無職の人が作りやすいカードがあります。楽天カードやイオンカードです。これらのカードは敷居が低く多くのユーザーに持ってもらうことを基準としてします。そのためよほど問題なければすぐに発行してもらえます。

楽天カードは楽天のポイントを貯めたい人におすすめですし、イオンカードはイオンの日にイオン系のスーパーを利用すると5%オフなどお得に利用できます。生活費の節約にもつながることでしょう。

6.デビットカードを作ろう

デビットカードを作ろう
みなさんはデビットカードについてご存知でしょうか?デビットカードは銀行口座かそのまま決済するという形のカードです。つまり銀行の通帳にお金が入っていればすぐに作れるカードとなっています。

VISA ならVISAデビットが適用となるのでクレジットカードと同様の感覚で支払いすることが可能です。店舗での利用はもちろんネット決済でも利用できます。今の時代ネット決済は当たり前の時代です。クレジット決済ができるものが1枚でもないと逆に不便さを感じることでしょう。

デビットカードですが国内はもちろん海外でも利用することが可能です。

デビットカードですがクレジットカードと引きとおしが異なります。クレジットカードと違って利用した都度お金が引き落としになるシステムです。デビットカードですが銀行口座から直接引き落としになるので審査はありません。またもちろん借金扱いにもなりません。デビットカードの発行をしたことがない人はこの機会に発行してみるのもいいでしょう。

クレジットカードは自営業の人ももちろん申込が可能です。さらに配偶者が収入がある場合クレジットカードの審査に通りやすくなります。

サイトなどを見てもわかるとおり信用情報などもチェックされます。クレジットカードですがイオンなどは流通系、アコムなどは消費者金融系と呼ばれます。どちらのカードも信頼情報はチェックされます。

アルバイトの場合、個人情報もアルバイトやパートという形になります。専業主婦は無職ではなく主婦です。信用情報機関についても審査落ちになる可能性がある職業は無職の方です。

カードですがクレジットカードの審査はカード会社で審査の厳しさが異なります。デビットカードなら収入も関係ないですしカード利用についても自分の口座から直接引き落とされるので無職でも作りやすいカードです。

ACマスターカードについても無職でも作りやすいカードとなっています。VISAデビットカードなどとともに利用を検討するといいでしょう。どちらも預貯金はある程度あった方がいいでしょう。

すでにカード会員になっているから無職になったとたんカード停止になるということもないかと思います。ひとまず銀行の銀行口座にお金が入っていれば利用停止になることはありません。

家族カードを活用するのも良いでしょう。クレジットカードは途上与信などの制度もあります。JNB Visaデビットカードなども内容を合わせて確認しましょう。カードを持っていない人もどういうパターンがあるかクレジットカード審査について知っておくといいでしょう。

会社員時代は当たり前に作れたクレジットカードですが無職になると難しいと痛感するかもしれません。三菱UFJデビットなどについても作れる可能性があるものは活用するといいでしょう。

雇用形態や所得などクレジットカードの審査で大事なポイントです。クレジットカードの魅力はキャッシュバックもその中の1つです。タイミングを見てカード作成をするといいでしょう。

クレジットカードは便利ですがカード不正利用など注意点もあります。クレジットカードの明細は常々確認しましょう。

セブン銀行デビットカードなども利用におすすめです。こちらも勤務実績などが不要となっています。カードもさまざまなカードがあるので無職でも発行しやすいものを利用してみましょう。

支払いですがクレジットカードだとリボ払いも可能です。この場合データー上借金にみなされるのでクレジットカードを発行する前なら先に整理した方が良いでしょう。

7.総括

クレジットカードは無職であっても作れる場合もあります。逆に作れない場合もあります。いずれにしてもクレジットカードの発行の段階で無職というのは不利な判定になります。

そのため可能であれば在職中にクレジットカードを発行するのが1番です。それが難しいならいくつかエクストリーム審査通過方法があるのでそちらを活用しましょう。

エクストリーム審査通過方法といっても特別な方法ではなく抜け道的な方法です。例えば審査基準が低いクレジットカードを発行するといった手です。ACマスターカードや楽天カード、イオンカードは敷居が低く発行しやすいカードとなっています。

過去にクレジットカードを発行したことがない人は利用履歴がない状態です。こうした人はクレジットヒストリーがない状態になります。その場合、審査でも不利になります。過去の履歴がない、つまり判断材料がない、さらに無職となれば発行は厳しくなります。

そこでまずはコツコツ履歴を積んでいくことから始めます。それこそACマスターカードや楽天カード、イオンカードを利用して履歴を積みましょう。ショッピングなどで利用して返済をきっちりすればいいだけです。難しいことはありません。

無職といっても配偶者がいたり、貯金がたくさんあったり、不動産を所有していたり、ローンがあったりと状況はさまざまかと思います。そのあたりも踏まえて検討しましょう。