オリコカード審査時間が待ち遠しい!状況を知りたい!

オリコカード審査時間が待ち遠しい!状況を知りたい!

クレジットカードを作るときには必ず審査があります。申込者の平均的な審査時間はどれくらいか? 自分は他の人よりも時間が掛かっているのではないか? 今審査のどの段階なのか? 審査ではどんなことをやっているのか? 今回はそんな悩みを持っているあなたに、オリコカードについて解説をしていきます。

1.オリコカードってどんなカード?

オリコカードってどんなカード?

●ポイントが貯まる!
●電子マネーが使える!
●年会費が無料で高還元率のクレジットカード!

1-2.ポイントが貯まる!
オリコのポイントとは、オリコの様々なサービスを使うことによって貯まるポイントです。ポイントには2種類あり、オリコポイントと暮らスマイルとあります。カードの種類によって貯まるポイントが違います。

オリコポイントが貯まるカードは、
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT Upty
Orico Card THE PLATINUM
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
Orico Card THE WORLD

の5種類です。それ以外のカードは暮らスマイルが貯まります。

①カードを利用してポイントが貯まる
オリコポイントを貯めることができるクレジットカードを100円利用する毎に、1オリコポイント貯まります。

②ショッピングをしてポイントが貯まる
オリコモールを利用してネットショッピングをすると、最大15%分のオリコポイントが貯まります。
(参考:https://www.oricomall.com/

オリコモールには「Amazon」や「楽天」、「Yahoo!ショッピング」等、約600店舗出店しているので、普段からネットショッピングを利用する人はお得なサービスです。オリコモールを使うと、カードの利用で貯まる通常のポイントに加えて、オリコモール利用分のポイント(オリコポイント)が貯まります。オリコモール利用分のポイントは購入金額に対して最大15%です。

③キャンペーンに応募してポイントが貯まる
オリコカードに新規で入会してポイントが貯まるキャンペーンを頻繁に行っています。例えば2018年1月に行ったキャンペーンでは、オリコカードの新規入会者を対象として期間中に3万円以上利用すると、最大4000ポイント貯まるというキャンペーンを行っていました。
図002

また、既にオリコカードを持っている人に対しても、様々なキャンペーンを随時行っています。以下はキャンペーンの一例です。
図003
(参考:http://www.orico.co.jp/campaign/?category=newcard

貯まったオリコポイントは500ポイントから提携先の各種ポイントに移行したり、各種ギフト券と交換したりできます。下は交換できるものの一例です。
図004
(参考:http://www.orico.co.jp/creditcard/strong/

1-3. 電子マネーが使える!
オリコのクレジットカードには、iDやQUICPayといった電子マネーが搭載されています。
図005
(参考:http://www.orico.co.jp/creditcard/strong/

チャージすればコンビニ等で簡単に支払うことができます。オリコカードとiPhoneを持っていれば、Apple Payを使うこともできます。Apple Payとは電子マネーのようにチャージする必要がなく、iPhoneがオリコカードの代わりになるというサービスです。

iPhone本体でTouch IDという指紋認証をしないと使えないので、セキュリティ面でも安全です。Apple Payの利用には、eオリコサービスへの登録が必要です。eオリコサービスとは、Web上で利用明細の確認やスマイルポイントの交換、各種手続きができるものです。

1-4. 年会費が無料で高還元率のクレジットカード!
オリコカードは全32種類のクレジットカードがあり、その内の11種類が年会費無料のカードです。その中でオリコがお勧めとしているカードが、「Orico Card THE POINT」㊧と「Orico Card THE POINT UPty」㊨の2種類です。
図006
(参考:http://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/
    http://www.orico.co.jp/creditcard/thepointupty/

この2種類はショッピング枠(S枠)が10万円~300万円、電子マネーが付いているというような特長は同じなのですが、「Orico Card THE POINT UPty」の方はリボ払い専用でブランドがMastercardのみという点が違います。「Orico Card THE POINT」のブランドはMastercard、Visa、JCBから選ぶことができます。また、どちらも年会費無料でETCカードと家族カードを追加することができます。

2.オリコカードの審査の流れ

オリコカードの審査の流れ
オリコカードを持つには他のクレジットカードと同様、審査に通過しなければなりません。申し込みをしてからカードが使えるようになるまでの流れとしては、
申し込み→審査→(在籍確認・本人確認)→審査結果の連絡→審査を通過したらカード発行→本人認証
という流れです。では、一つ一つのポイントを見ていきましょう。

2-1.申し込み
オリコカードの申し込み方法は2種類あり、郵送とWeb上での申し込みです。郵送での申し込みは、郵便事故のおそれや日数が掛かってしまうことを考えると、あまりお勧めはできません。Web上での申し込みは、オリコの公式サイトから必要な情報を入力して簡単に申し込むことができます。

学生や未成年の場合は親権者の同意という書類が必要なので、郵送のみでしか申し込みができません。申し込みが完了するとメールで完了通知が届き、そのまま審査へと移行します。

必要な情報とは、以下です。
●氏名
●性別
●生年月日
●住所
●電話番号
●免許証番号
●メールアドレス
●配偶者の有無
●世帯人数
●住居区分
●住宅ローン・家賃の支払いの有無
●居住年数
●他社ローン残高
●申込者区分

通常クレジットカードの申し込みの際は本人確認書類として、身分証明書の送付が必要なのですが、Orico Card THE POINTを申し込む場合は必要有りません。キャッシング枠(C枠)を決定するのに、住宅ローン・家賃の支払いの有無、居住年数、他社ローン残高の情報を使用するので、正確に入力しなければいけません。


他にはクレジットカードの支払いが滞った場合のための担保として、住居区分や住宅ローンの支払いという情報が必要なのです。キャッシング枠の設定には総量規制の問題があるため、他社ローン残高が考慮されます。

総量規制とは、年収の3分の1までしかキャッシング等の借り入れができないという貸金業法の規制のことです。なので、既に借入額が申込者の年収の3分の1ギリギリになっている場合には、キャッシング枠を付けることはできません。

他社ローン残高には、自動車ローンや住宅ローンの残高は含まれません。なぜなら、総量規制はクレジットカード会社や消費者金融会社に対しての規制であり、銀行は対象外だからです。

2-2.審査
審査を受けるには、申し込みの際に入力した情報に間違いがないことが前提です。間違いが発覚するとオリコから連絡が来て、初めから申し込みのやり直しとなります。申込情報に問題が無ければ、次は個人信用情報の審査となります。

個人信用情報とは、クレジットカードや各種ローン等の信用取引をする際の審査に必要な、過去の契約内容や返済、支払い状況、利用残高等の情報です。クレジットカードのような後払い、カードローンのようなキャッシングの取引を信用取引と言います。

個人信用情報を扱っている機関は主に、CIC(Credit Information Center)とJICC(株式会社日本信用情報機構)と2ヶ所あり、クレジットカード会社は多くの場合両方使用しています。どちらの機関も扱っている信用情報の内容は、
申込情報(クレジットカードや各種ローンを申し込んだという記録)
クレジット情報(クレジットカード等の返済に関する記録。延滞や滞納もここに載る)
利用記録(各金融機関が利用途上で支払い能力を調査する目的で情報を照会したという記録)
で相互に情報の共有をしています。

過去5年間にクレジットカードや各種ローンの延滞・滞納をしていれば信用情報に記録が残っている(傷がついている)ので、審査に通ることはほぼ不可能です。また、申込情報は6ヶ月間残るのですが、その間に多くのクレジットカードやローンに申し込んでいる人も審査では不利になります。

なぜなら、申し込みをして否決になっているから多くのカード会社に申し込んでいると判断されるためです。仮に可決になっていたとしても短期間に多くのカードを申し込むのはお金に困っており、多重債務に陥るのではとカード会社は懸念します。申込回数が多ければ多いほど審査に悪影響を与えます。

個人信用情報は、一定期間(申込情報は6ヶ月、クレジット情報・利用記録は5年)が経過すると消去されるのですが、「株式会社オリエントコーポレーション」内での信用情報に傷が付くと半永久的に情報が消えません。これを社内ブラックといいます。

延滞や滞納をして社内ブラックになるのはオリコカードだけではなく、オリコのマイカーローン、Orico Webクレジット(ネットショップの分割払い)、Appleローン(Apple Storeでの分割払い)、学費ローンもオリエントコーポレーションのサービスであれば対象です。

クレジットカード会社はカード料金を支払ってもらえなくなると死活問題になるため、決められた期日にちゃんと返済できない人にはカードを発行しないのです。決められた期日に返済をするという真面目な人でも収入がないことには返済のしようがないので、「安定した収入を得ている」ということも重要です。

公務員や大企業の会社員である方が審査での評価は高いですが、アルバイトやパート、派遣社員でも申し込むことは可能です。ただその場合は、ある程度勤続年数が経過してからの方が良いでしょう。安定しているかが重要なので、収入によってそれほど大きく評価が落ちることはありません。

自営業や自由業は会社から給料をもらっているわけではないので、収入の証明が難しく、審査のハードルは高いです。仕事をしていない人は、まず可決されることはありません。信用が高ければ審査が容易なので審査に掛かる時間が短く、信用が低ければ時間が長く掛かる傾向にあります。

審査の方法は機械による属性スコアリングという方法を使っており、点数が基準に満たなかった場合は手動での審査に切り替わります。属性スコアリングとは、申込者の年収や雇用形態等の入力された情報を点数化して、その合計点数により合否を判断することです。返済能力が高いと判断されたら、スコアリングの点数も高くなります。

属性スコアリングで否決したら必ず手動での審査になるわけではありません。例えば、転職したばかりで年収は大きく基準を超えているが、勤続年数は短いといったような場合です。その場合は属性スコアリングのみでの審査になると思われます。

2-3.在籍確認・本人確認
在籍確認とは、勤務先として入力した会社に本当に在籍しているのか確認の電話が来ることです。本人確認とは、申し込みの際に入力された内容に間違いがないか、申込者本人が申し込んだかの確認で連絡先に書いた電話番号に電話が掛かって来ることです。

オリコでは、人によって在籍確認や本人確認があるかはバラバラです。基準は明かされていませんが、キャッシング枠に入力した設定金額を高くすればするほど審査の難易度は上がり、在籍確認や本人確認の電話が掛かって来る可能性が上がります。

在籍確認の電話が来たら、本人が出なくても申込者の在籍が確認できれば完了です。電話の際「オリコ」という会社名は出さず担当者の名前で掛けて来るので、会社の人にオリコへの申し込みを知られることはありません。本人確認は自宅でも携帯電話でも本人が電話に出なければいけません。聞かれる内容は申し込みの意思、生年月日、住所等の簡単な質問のみです。

2-4.審査結果の連絡
審査結果の連絡はオリコから可決メールが来るのですが、申し込みをしてから連絡が来るまで、短い人で当日中、長くて2日~5日掛かる場合もあります。2-2で書いたように、手動の審査に切り替わって時間が伸びても、必ずしも否決になるというわけではありません。

従って、時間が掛かっているからといって他のクレジットカードを申し込むことは厳禁です。なぜなら、個人信用情報の申込情報に新たに追加されてどちらの審査でも不利になるからです。オリコの別のカードを持っている人(オリコ既存)は申し込み後すぐにカード発行手続き完了メールが届きます。

2-5.カードの発行
カード発行手続き完了メールを受け取ってから、1~2週間でカードが届きます。発行されたカードは普通郵便ではなく本人限定郵便で届くので、自宅で本人が受け取る必要があります。

2-6.本人認証
本人認証とは、届いたカードを使えるようにする作業です。カードが配達中の盗難等に有った場合に不正利用をされないようにするために、届いてすぐは使えない状態になっています。使えるようにするためには、まず1-3で説明したeオリコに会員登録をします。登録が完了すると、eオリコ登録完了メールが届きます。カード到着日以降に、アカウントと届いたカードの情報を入力してリンクさせます。その後クレジットカードとして使えるようになります。

3.審査の状況を知るには

審査の状況を知るには
申し込んだカードの審査状況を知るには、お申し込み受付完了メールに記載されたURLにアクセスすることにより確認できます。公式サイトからはアクセスできないURLなので、届いたメールは削除しないように気を付けてください。

4.審査で可決になるコツは

審査で可決になるコツは
●申込書は何度もチェック
申込書に記入漏れや入力ミスがあると、一発で否決になってしまうこともあります。
●キャッシング枠を減らす
キャッシング枠を高く設定すると審査が厳しくなるので、キャッシング枠を低めに設定した方が可決され易くなります
●日頃からオリコ関連のローンは特に注意して返済をする
オリコ関連のローンで延滞・滞納をすると、半永久的に記録が残り、社内ブラックになります。
●他社の借り入れをしっかりと返済する
オリコの審査では信用情報や他社の借入残高を厳しく審査しています。
●年収100万円以上にする
オリコは収入に関しては優しめですが、安定していても年収が100万円未満の場合の審査は厳しいです。
●審査結果の連絡が遅くても待つ
審査結果の連絡は個人個人で、信用情報によって遅くなることもあります。その間に他のクレジットカードに申し込むのは厳禁です。なぜなら、申込情報に記載されてより審査に不利になるからです。
●クレジットヒストリー(信用情報)を作る
全くクレジットヒストリーがない人は一見良いように見えるのですが、申込者の信用を測る情報がなく敬遠されがちです。まずは審査に通りやすいクレジットカードやローンに申し込んでクレジットヒストリーを作った方が良いです。

4-1.審査で否決になる人の特徴
●年収が100万円未満
●過去5年間に延滞・滞納をして、信用情報に傷が付いている
●過去にオリコのサービス(マイカーローン等)で延滞・滞納をした
●他社の借入残高が多い
●過去6ヶ月間に多くのクレジットカードに申し込みをした
●30歳以上なのに信用情報がない