パルコカードの解約方法とデメリット、10%オフの落とし穴を鋭く解説!

パルコカードの解約方法とデメリット、10%オフの落とし穴を鋭く解説!
パルコは全国にあるデパートでみなさんの中にも行ったことがあるといった人も多いことでしょう。若者向けのブランドなども入っており人気のお店となっています。

パルコへよく行くといった人はパルコカードを作るのも良いでしょう。パルコカードはクレジットカードで年会費無料のものと有料のものがあります。ETCカードももちろん利用できます。

パルコカードですがアメリカンエクスプレスとも提供しています。アメリカンエクスプレスですが年会費が3000円ほどかかります。維持費がかからない方が言い方は前者のカードを所有するといいでしょう。

パルコのへビーユーザーにとってはうれしいこんな企画も実施しています。それは初年度の利用額が10万円を超えると翌年はパルコでの買い物が5%オフでできるというお得なサービスです。

これだけではありません。さらにパルコでは年に数回優待セールを実施しています。優待セールだと10%オフになりさらにお得です。パルコってこんなにお得なの?!と驚く方もいることでしょう。

その他パルコ劇場やETCカード無料、映画館優待券などお得なサービスが盛りだくさんです。レストランやカフェでもお得なサービスを受けることができます。

パルコカードはこんなに利便性が高いのに一部のユーザーしかこうした情報を知らないケースも多くありません。また人気の高い講演についてもチケット入手が可能となっています。パルコカードは本当はかなりお得なんです!

そんなパルコカードですがデメリットや落とし穴もあります。残念ながらいいところばかりではないんです。ここでは逆視点からデメリットや10%オフの落とし穴、解約方法などを紹介したいと思います。

1.パルコカードについて

パルコカードについて
パルコカードはパルコで買い物する機会がある人におすすめのカードです。パルコカードは年会費が無料でETCカードなども作ることが可能です。年会費は無料となっているので大変お得です。

高速道路を利用する機会がある人はETCカードも良いかと思います。入会条件ですが18歳以上であること、電話連絡が可能であることが条件です。パルコカードは維持費がかからず簡単に作成できるカードです。初のクレジットカードを持つ上でもパルコカードは良いかと思います。

他のカードを持っている人も年会費が無料なので試しに作ってみるのも良いかもしれません。

2.クレジットカードの保険について

クレジットカードの保険について
クレジットカードを作る上で保険目的の人もいるかと思います。筆者もその中の1人だったりします(笑)海外旅行へ行く際には非常に役立ちますし、おかげさまで1度も海外旅行保険には加入したことはありません。

クレジットカード保険ですがパルコカードには残念ながらついていません。クレジットカードの保険は海外だけではなく国内旅行も対象となります。例えばカメラを紛失したり、飛行機の遅滞などがあればそれも保険の対象となるわけです。

その他ショッピング保険もついています。これらを付けたい場合は年会費3000円ほどかかりますがパルコアメリカンエクスプレスのカードを持つといいでしょう。

またセゾンでは月300円でけがなどの保険も提供しています。こちらはオプションですが300円で保険はお手頃かと思います。保険費削減にもつながるかもしれません。

ひとまずパルコカードは残念ながら保険がついていません。この点は年会費も無料だししょうがない気がしますが、なんとも残念な点です。

3.海外事務手数料について(アメックス)

海外事務手数料について(アメックス)
海外旅行ではクレジットカードも必須アイテムです。クレジットカードではATM利用で現金引き落としも可能です。また手数料も両替所よりもかからないケースもあります。

アメックスについても便利なカードです。アメックスはステータスのあるカードともいわれており人気となっています。年会費がかかるものがほとんどですが可能なら1枚は持って起きたところです。

アメックスといってもゴールドカードはビジネスカード、一般向けカードなどさまざまなカードがあります。成田空港や羽田空港から海外へ行く人はぜひとも1枚は所有しておきたいカードです。

パルコのヘビーユーザーならパルコアメリカンエクスプレスを持っている人もいることでしょう。年会費3000円でわりとお手軽ですし、保険などもついています。しかしアメックスなどクレジットカードですが海外事務手数料というものがかかります。これはなにか?というと海外で外貨を支払う際に支払わなければならない手数料です。

アメックスは手数料が高めとなっています。ビザは16.3%、jcbは1.6%です。それに対しアメックスは2%となっています。手数料がかかることを考えると海外でアメックスを使うのはなんともメリットが低い気もします。

アメックスですが海外では利用ができないところも少なくありません。ビザやマスターカードはokであってもアメックスは使えないところがけっこうあります。例えば海外のlccのクレジット決済はアメックスが使えるところがあまりありません。

このように手数料の関係でアメックスは利用できるとこが限られているのが現状です。

4.パルコを利用しない人にはたいしてメリットがない

パルコを利用しない人にはたいしてメリットがない
パルコカードですがパルコを利用するかどうか?がキーポイントとなります。パルコでよく買い物をする人はお得ですし、初年度に10万円以上使う予定の人は翌年5%オフの対象となります。

では逆にパルコに行く機会がない人やパルコではほとんど買い物をしないといった人がパルコカードを作ってもあまりメリットがないわけです。

パルコカードはクレジットのポイントの還元率があまりよくなく0.5%となっています。そのためポイント加算に使うにはメリットはほとんどありません。電子マネーなども利用できますがそれこそ還元率がいいわけではないのです。

パルコカードを作ってメリットがある人は年間10万円以上買い物で利用する人で翌年5%オフでパルコで買い物したい人となります。

その他はお得なものがないのか?というと西友やLIVINを利用する人もパルコカードの特典が利用できます。パルコへあまり行かないといった人もパルコカードの特典でお得になることがあります。西友やLIVINですが毎月5日と20日が5%オフになります。

そのためパルコはあまり買い物する機会がないけど西友やLIVINは利用するといった人はパルコカードを持つのも良いと思います。パルコで買い物しなくてもパルコカードは年会費も無料ですしお得なサービスを受けることができるためです。

パルコも西友やLIVINもいかないといった人はパルコカードを持っている意味はあまりないかもしれません。特典狙いの人や年会費が無料だから一応・・・といった理由で持っているのも良いかと思います。

5.「10%オフ」は使いすぎの要注意

10%オフは使いすぎの要注意
パルコカードは5%や10%オフなどお得な特典があります。パルコカードを持っている人で年間10万円以上パルコで買い物をすれば翌年は5%オフになるなど会員ならではの特権もあります。パルコ好きにはたまらない情報です。

また10%オフなんてお得なサービスもあります。セール時に限られるので情報を随時チェックしましょう。

このようにお得な時はつい「ついでにあれも買っちゃおう!お得だし」なんて気持ちになりがちです。その結果、予定以上に使ってしまったと落ち込む人も少なくありません。

筆者もセールやボーナスといった言葉に弱いタイプであり、そうしたときは予定外に買い物をしすぎて支払いに苦しんだこともあります。お得だと思ったら支払い地獄だった・・・というケースです。

セールのときはブランド品が半値や7割引きなど大変お得になっています。お得だし普段頑張っている自分へのご褒美!なんて思ってつい買いすぎてしまう悲しい生き物です。

5%オフでもかなりテンションが高めなのに、10%もオフなんて「よし買っちゃえ」とますますスイッチが入ってしまいます。

クレジットカードは現金を持たずに支払うことが可能であり、いちいちatmからお金をおろすことなく利用できます。クレジットカードが使えないときは利用するといったユーザーもいることでしょう。

便利ではありますが逆に現金が目に見えない分、つい使いすぎてしまうことも多いカードです。クレジットカードはセールやボーナス時つい、使いすぎたという経験をした人は多いかと思います。

クレジットカードを利用する際はお得な時期ほど慎重に買い物することが大事です。

6.パルコカードの解約方法について

パルコカードの解約方法について
クレジットカードやポイントカードがいつの間にか増えているといった経験がある人も多いことでしょう。カードがたくさんあると便利な気がしますが、ここで整理したいといった人も多いことでしょう。

パルコカードの一般向けのカードは年会費が無料となっています。昔使ったものの今は全く出番がないといった人の中には「解約したい」と思っている人もいることでしょう。

カードなどもそうですが身のまわりのものはなるべくシンプルであることが1番です。アクシデントはいつ起きるかわからないですし、もしものとき周りの人もシンプルな状態の方がわかりやすいからです。

パルコカードの場合解約は電話で可能です。解約申し込み後、自宅に書類が送られてきます。書類を書いて返送すればカード解約続きは完了となります。

パルコカードの解約は電話ナビです。電話ナビは不便・・・と感じている人もいることでしょう。混雑しているとオペレーターと話しができるまでかなり時間がかかることもありますし、不便さを感じる場面もあります。

何はともあれ、解約したいときはまずは電話連絡をしましょう。

7.クレジットカードについて

クレジットカードについて
カードがたくさんあって管理が大変といった人も多いことでしょう。ポイントカードやクレジットカードなど今では多数のカードが存在しており持ち運びも大変という声が多く聞かれます。お財布では到底入りきらずカード専用のケースを持っている人も多いのではないでしょうか。

PARCOカードも人気です。パルコへ行く機会が多い人は所有をおすすめしたいカードの1つです。永久不滅ポイントもありますし、その他の特典も魅力的です。解約方法ですが電話で解約が可能です。その他店頭でも解約が可能となっています。作ったけど利用していないといった人は解約してしまうのも悪くありません。

クレジットカードですがマイレージを貯めたい人はJALカードやセゾンカードなどで貯めるといった方法もあります。こちらも事前に入会と解約方法を確認しておくといいでしょう。

申し込みをするなら市外局番などナビダイヤルについても確認しておきましょう。記事一覧などでも内容が紹介されています。そうした記事を読んでおけば事前情報が頭に入ることでしょう。

クレジットですがJALマイルなどマイレージを貯めるものもあります。クレジットポイントは自分で目標をもってどれか1つに集中させ貯めるのが良いでしょう。

解約したい場合クレジット会社に解約電話を入れるとその場で解約できるケースがほとんどです。クレジットカードで年会費無料のものは毎年更新され続けるので不要なら解約してしまってはどうでしょうか。

内容については公式ページで確認しましょう。クレジットカードのデザインは画像などでも確認可能です。その他の詳細情報も公式ページで確認できます。

クレジットカードを作るには本人確認などカード発行の費用要件があります。引き落としカードなどもカード自体の確認をして自分自身で管理できる体制をとっておきましょう。

不明点はサポートセンターのオペレーターで確認できます。サポートセンターの番号なども調べておきましょう。審査では固定電話の記載部分もありますが携帯しかなければそれでも問題はありません。

電話窓口ですが電話終了時間を確認して電話しましょう。せっかく電話しても受付外なら意味がありません。

例えばJALのマイレージを貯めたい人はJALカード入会キャンペーン実施していることもあるのでキャンペーンにあわせて入会するのも良いでしょう。JALのマイルに関する記事も目を通しておきましょう。

例えばセゾンのカードならセゾンカードインフォメーションセンター電話番号一覧などで電話番号を調べておけば万が一のとき連絡先がわかることでしょう。盗難などの場合、クレジットカード番号を伝えられるよう準備しておくとスムーズです。

携帯電話各社などでもクレジットカードの引き落としは可能です。PARCO優待などを受ける上でもそうした支払いをするのがコツです。中には優待にならないものもあるのでそこは要注意です。

大阪や東京などで買い物をすることもあるかと思います。パルコカードの優待など5%や10%オフにする方法などを駆使して上手に買い物をしたいところです。やり方が分からない人はパルコカードの情報を確認しましょう。

クレジットカードは暗証番号などやりとりもあります。それらが分からない人は事前にサポートセンターで確認しましょう。日常生活のちょっとしたことでお得な手続きができることもあります。

普段はちょっとした程度の買い物であってもポイントはコツコツ貯めていけば結構な額に値することも少なくありません。ポイントを本格的で貯めるなら公式HPやオススメ記事を確認してみましょう。セゾンカードHPでもポイント加算を考えてみましょう。

マイレージですが陸マイラー界ではクレジットカードは最強アイテムです。クレジットカードも年会費が無料のものではなく選び方決定版などを参考にしてじっくり検討しましょう。

クレジットカードを持ちすぎると管理も大変ですし解約して入口閉鎖をすることも大事かもしれません。時間があるときクレジットカードの次年情報なども確認してみましょう。

ポイントについてはインターネット上でも参考情報が多数あります。わからない点はサポートセンターで問い合わせができます。自動音声などもありますし、セゾンであればNetアンサーなどでスピーチしていることがあります。

公共料金や電話料金、通話料などでもポイントは加算されます。対象外の場合もあるのでそちらも確認しましょう。生活圏の中でポイントは利用価値が非常にあるものです。注意事項なども見て、最終意思を考えてみましょう。

8.総括

パルコカードですが年会費無料で発行できるカードです。パルコ好きならぜひ1枚は持っておきたいカードと言えます。パルコのお得な特典も盛りだくさんです。

一方パルコで買い物をしないユーザーにとってはあまりおすすめとは言えないカードであります。その理由はいくつかあってまず1つ目は保険がないことです。ショッピング保険や旅行保険などクレジットカードの多くについているお得な特典がないのがその理由です。

パルコカードですがポイント還元もあまり多くないです。ポイント還元は0. 5%ほどなのでポイントを貯めるために作るにはおすすめできないカードとなっています。

マイレージや商品券などポイントを貯めたい人は他のクレジットカードを活用した方がいいでしょう。また可能なら年会費が多少かかってもポイント還元率が高いカードを使うといいでしょう。

パルコで買い物をする機会があり、かつ年間10万円以上買い物することが多いといった人はパルコカードをフル活用しましょう。パルコカードは1年間で10万円買い物をすると翌年は5%オフになります。セールのときではなく通年5%オフで商品を購入できるのでとてもお得です。

またさらに10%オフのときもあります。これはセールのときです。またもちろん前年に10万円以上購入したユーザーが対象となります。

10%オフはかなりお得です。ついつい買いすぎてしまう人も多く「予定よりもクレジットカードを多く使ってしまった」と後悔する人も少なくありません。

クレジットカードはとても便利なものですが現金ではないのでつい金銭感覚を忘れてしまい使いすぎてしまうことが少なくありません。そうした点からつい使ってしまうこともあるわけです。

特にセールやお得、バーゲンなんて言葉に弱い女性は多いことでしょう。パルコは女性に人気の服も多いですし、セールやバーゲンもたびたび実施しています。そこにさらに10%オフなんてお得なことをやっていたらつい買ってしまうのは無理もありません。

服好きな人に多いのが買い物依存症です。その結果多額のクレジット借金を抱える人も少なくありません。クレジットカードはあくまで借金です。利用は計画的に行いましょう。パルコカードの解約ですが電話や店頭で行うことができます。不要なら速やかに解約しましょう。

終活という言葉がはやっていますが、整理整頓はとても大事なことです。カードなども整理できるうちに整理しておきましょう。