クレジットスコアリングの4つの規準(勤続年数、収入、職業、返済履歴)を解説!

クレジットスコアリングの4つの規準(勤続年数、収入、職業、返済履歴)を解説!
みなさんは「クレジットスコア」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉かもしれません。クレジットスコアは金融業界の用語であり統計モデルから見る「信用力」のスコアとなります。

クレジットスコアが用いられるのはクレジットカードでの審査などの場面です。米国などでも利用されており信用力が図られるデータとなります。クレジットスコアの中でも重要視されるものの1つが「クレジットヒストリー」です。

クレジットヒストリーは過去の返済履歴やローンなどとなります。スコアアップは信用の高さにもつながるのです。これらはすべて信用情報と位置付けられます。クレジットカードの審査では過去の情報も含めその人を判断する材料となります。

具体的な数値はFICOスコアで点数化されます。点数は300点から850点のラインです。このラインでほとんどの人は600点から800点になります。自分がどのポジションにいるのか?その点も気になるところです。

就職などをきっかけにクレジットカードを所有する人もいることでしょう。クレジットカード関連情報は個人の審査としても欠かせないものであり、住宅ローンやカード審査をはじめ日本で融資を受ける以上必ず審査対象になるものでもあります。審査はありますが、クレジットカードは何かと便利なので所有はおすすめです。生活のあらゆるシーンで利用することが可能かと思います。

クレジットカード審査はこのように信用履歴が大事なポイントとなります。このなるべくきれいな履歴になるよう、クレジットカードの所持やローンを組む際はそのあたりも念頭に入れて検討するといいでしょう。

就職希望者の方中にはローンを組みたい人もいることでしょう。仕事をすると当然ながら収入が入るわけなのでローンを考えるのにもちょうどいい時期に差し掛かります。ローンを組む際は金利なども考慮する必要があります。まずはローンを組める可能性についてリサーチしてみるといいでしょう。貯金についても考慮されるので預金金利などがある人はローンも組みやすくなります。

クレジットスコア社会といわれるくらいクレジットスコアは審査のポイントとなっています。

クレジットカードは海外でも利用が可能ですし、クレジットカード支払い関連でも多いに役立ちます。海外旅行の際には必須のアイテムでもあります。この機会にスコアリングやFICOスコアについても調べてみることをおすすめします。

生活全般から考えても信用情報機関の情報は今後を左右します。申込者情報として履歴が残るので申し込みをした時点でスコアリングの対象になることをお忘れなく。今回は関連記事として勤務年数や収入、職業、返済履歴などクレジットスコアリングのポイントについて解説したいと思います!

1.クレジットカード審査における「勤続年数」について

クレジットカード審査における「勤続年数」について
クレジットカードを作る際は当然ながら正社員で勤務しある程度の勤続年数がある方が有利です。クレジットカードで重要なのは返済の能力です。この人は本当に返済できるのか?というのが判断材料となります。もちろん企業についても吟味されます。有名な大手企業であれば有利に働きます。いわゆる零細企業でパートなどの場合は、危険性のリスクもアップします。

入会審査については個人情報保護のもと審査が始まります。勤務年数も大事な物差しとなるので長く勤めている人は有利です。もし退職する予定があるなら勤務している間にクレジットカードを作るのがベストといえます。

クレジットスコアリングは個人情報活用ともなっています。クレジットスコアリングのガイド関連もインターネット上で紹介されているのでぜひ見てみるといいでしょう。クレジットカード関連まとめなどでもたびたび出てきます。

インターネットから申し込みをする場合、まずは入力情報が必要となります。クレジットカードをすでに所有している人でリボ払いをしている人などはそれらも審査でチェック項目となります。

裏技なども言われていますが、基本的にクレジットスコアリングで平均点が出されてしまうのであまり意味はありません。カード保有者の事業者や利用者なども踏まえ、審査となります。審査は指定信用情報機関の対象となります。

消費者ローンや多重債務者についても当然審査の対象となります。自分の数値はこうした状況によっても変わってきます。審査がどのくらいの希望で通るか?はクレジットスコアリングにかかっているといっても過言ではないのです。

勤続年数が考慮される理由ですが、勤続年数が長いと社会人として信頼性がアップします。まわりの人々の目線はそういう状態なのです。

過去にキャッシングをしたことがある人もきちんと返済していれば問題はありません。それこそ海外旅行先でキャッシングをするケースもあることでしょう。さまざまな規制もありますが使い方に問題がなければ審査の妨げにはなりません。

クレジットカードはさまざまなものがあり鉄道系クレジットカードなどもあります。クレジットカード手数料も会社によって異なります。クレジットビューローという言葉あり、これはクレジットカード各社が共有する日本信用調査機関となります。勤務年数も含め信用偏差値の1つとなります。全国的にも利用される社会でのスコアとなります。

社会生活においてお金は必須です。格差は当然ありますが支払いなどをしっかりしていれば、基本的にそこまで障害になることはありません。改正個人情報保護法などでも個人情報は保護されているのでこの点は安心できます。

関連テーマとしてローン金利やネットショッピング系クレジットカードなども取り扱われていますが、クレジットカードとローンはセットだと考えて間違いありません。詳細は雇用担当者などに聞いてみるといいでしょう。還元率カードなどもあります。事業者側としても雇用者のお金の問題は大事なポイントです。

勤務年数ですが短期間で仕事をやめたり転職が多いと信頼性はどうしても薄くなってしまいます。日本ではまだまだ生涯雇用のイメージが強く長年勤務している方がクレジットスコアリングもアップしがちです。

2.クレジットカード審査における「収入」について

クレジットカード審査における「収入」について
クレジットカードの審査では収入も大事なポイントです。クレジットカードは内容がさまざまなで各社で人気のクレジットカードがあるのが通例です。米国社会でもクレジットカードは欠かせないものです。

クレジットカードは広告代理店や大手広告代理店、海外旅行保険などでも深い関わりがありショッピングや融資の他にこれらの特典面でも精通しています。

クレジットカードの審査では過去の履歴も重要です。収入についてももちろん審査対象となっています。クレジットカードは翌月支払いであれば手数料などが無料で利用できるのが基本的です。利用の仕方でポイントもたまりますし、メリットも高いといえます。

収入についても評価の対象になり審査の基準の1つとなります。また過去の支払い状況もカード会社側で管理されており、データとして残っています。銀行の融資でもこれらは審査の対象になるので利用には十分注意しましょう。サイトなどでも利用履歴について触れているかと思います。信用偏差値として借入残高などもチェックされるので念頭に入れておきましょう。皆さんにとってベストな方法になるためにも返済はしっかり行うことが大事です。

収入ですが多くの人はサラリーマンとして勤務しているかと思います。正社員やパート勤務で毎月収入があることが前提というケースも多いことでしょう。また年金生活やその他の資産で生計を立てている人も資産面で問題なければクレジットカードの審査に通ります。

収入と資産は連動しており、不動産についても聞き取りが行われます。このようにいくつかの要素からクレジットカードの審査が決まるわけです。収入は多いほうが当然ながら有利です。しかし負債についても審査の対象になるのでその点も注意が必要です。

パートなどであまり収入がないといった人もいることでしょう。主婦のケースはそうした人も少なくなりません。しかし主婦は夫が世帯主として収入を得ていることが前提となっているので返済能力があるとみなされ、自分の収入があまりない状態でもそこまで支障がなくクレジットカードの審査もすんなり通るケースが少なくありません。

クレジットカードにはステータスがあり、一般カードと呼ばれるものは年会費が無料で収入があまりない人はもちろん、無収入でもクレジットカードを作ることが可能なケースもあります。こうしたカードは審査が通りやすいよう設定されているので、まずはこちらから作るのも良いでしょう。

ゴールドカードなど年会費が発生するものは基本的に有料となっており審査も一般カードに比べて難しくなっています。こういったカードよりも一般カードの方が審査が通りやすく、中には学生向けのものもあるので学生の方はそちらのカードもおすすめです。

収入ですが幸い職業ほど重視されません。大手企業や安定業種の場合、1年に満たなくても問題ないケースも多いです。収入が現状あまり思わしくない人もひとまず申し込みをしてみるのも悪くありません。例えば持ち家を持っている人は有利です。クレジットスコアリングはこのようにさまざまな面からの審査となります。

3.クレジットカード審査における「職業」について

クレジットカード審査における「職業」について
クレジットカード審査では職業は大事なポイントです。
例えばアメリカではサブプライムローンというものがあります。サブプライム層と呼ばれる層があり、これは優良顧客よりも下の層の人たちを言います。クレジットカード会社としてももちろん優良顧客が優先ですがサブプライム層についても大事な顧客の1人となっています。

いわゆるサブプライム層にあたる人たちは複数影響を予想する必要があります。まずは審査がダメという結果です。クレジットカードに申し込みをしたものの審査が通らないケースです。また以前の返済状況に問題がある人は信用情報機関のデータでアウトという場合もあります。

返済についてはリボルビングなどもありますし、まだローンがある場合カードの審査も不利になります。公共料金の未納なども注意が必要です。不動産については購入か賃貸かでも審査内容は異なります。入居審査もあるのでこちらも一応頭に入れておくといいでしょう。

申し込み時には携帯電話についても記載が必要です。審査の情報としても大事な上表です。プライム層にあたる人も能力があれば信用情報もプラスになっていることがありますし、返済履歴に問題がなければ通常通りカード発行ができるケースがほとんどです。

職業ですが審査にあたり「無職」「家事手伝い」「主婦」などの場合はいくつか注意があります。まずは無職です。たまたま今は仕事をしていなく失業手当をもらっている、あるいは貯金で生活しているといった人もいることでしょう。またすでに資産が形成されたのでリタイアしている人もいるかと思います。収入はあるに越したことはありませんが資産状況でも審査結果は異なるので無職の人もまずは申し込みしてみるといいでしょう。

ただし資産もなく特に借金やローンがある場合、審査は不利になります。資産はなし、さらに無職となれば当然の結果です。

近々退職を予定している人は会社に在籍している間にクレジットカードの申し込みをするのがベターです。この方があっさり審査が通りやすいですし、利便性も高いといえます。

次に家事手伝いの方です。これはかなり厳しいと思った方が良いです。実家がお金持ちで特に仕事をしなくても生活できるといった人もいることでしょう。そうしたケースも主婦より返済能力は低いとみなされ、クレジットカード発行に支障が出るケースが少なくありません。

結婚などを控えており家事手伝いをしている方もいるかと思いますが可能であれば在職中にクレジットカードを作っておくことをおすすめします。いずれにしても家事手伝いの場合、一般カードの審査も厳しい状況です。

主婦の場合、パートや無職の人も少なくありません。収入元は夫であるケースが多いためです。主婦の場合、クレジットカードの審査も当然ながら主婦そのものだけではなく夫の年収や不動産なども審査対象となります。そのため夫に返済能力があると認められれば、基本的に審査は通ります。主婦ではなく無職や家事手伝いのケースとはポジションもまるで異なります。

職業項目で優良とされるのは医師や弁護士、会社員などです。これらは安定度が高いとみなされクレジットカードの審査でも有利に働きます。1年未満でもローンが組めたり、審査が通ることも多いのでこの機会にぜひ検討してみてください。

また自営業については年収にもよりますが会社員より安定性が低いとみなされがちです。自営を予定いる人で現在会社員の人は>会社員のうちにクレジットカードを作っておくといいでしょう。

派遣社員についても正社員よりもポジションが安定してしないと思われがちです。実際期間限定だったり、期限付きの仕事も少なくありません。そのためパートやアルバイトの位置づけで見られがちな職業でもあります。

結婚を機に正社員から派遣社員の道に進む人もいることでしょう。可能であれば正社員のうちにクレジットカードの申請をしておくとクレジットカードは作りやすくなります。

勤務先の規模や従業員数、資本額についても考慮されます。この点も安定企業かどうか?の基準となるので大手企業から中小企業への転職あるいは自営を予定されている方はなるべくなら大手企業に在籍中にクレジットカードを作っておくといいでしょう。

クレジットカードはこのようにいくつかのポイントがあります。職業についても職業オンリーを占めているのではなく、会社の規模や契約形態ともかかわりがあります。なるべくならクレジットカードの審査が通りやすいタイミングでクレジットカードを作っておくのがベストです。

4.クレジットカード審査における「返済履歴」について

クレジットカード審査における「返済履歴」について
大手企業勤務で収入等も問題ないはずなのにクレジットカードの審査がなかなか通らないといった人はいくつか問題点があるケースが多くみられます。そうした人は過去の返済履歴についても考えてみるといいでしょう。

クレジットカードの審査は現状の審査はもちろん過去についても審査されます。過去の履歴についてもきちんと保存されており、どういう利用の仕方をしているのか?といったことがデータとして残っています。

クレジットカードの審査で落ちてしまう人は「信頼度が低い」と判断されたケースです。もちろんあまりにもステータスの高いクレジットカードを申し込みしても落とされるケースがあります。信頼度と身の丈は重要なポイントです。これらを見極めてクレジットカードに申し込む必要があります。

以前生活が苦しく、返済が滞ったことがあるといった人は要注意です。これも返済履歴としてきちんと残っています。また自己破産した人は基本的にこうした審査で躓くようになっています。過去の過ちとはいえ、お金に関してはかなり厳しく審査されることは避けられないのです。

自動車ローンや住宅ローンについてはローンを組むのが当たり前のジャンルでもあります。これらについてもチェックポイントとなります。ローンはあくまでも借金です。当然ながら借金がある人とそうではない人であれば借金がない人が有利となります。

またクレジットカードの支払いが多い人も要注意です。たまたま家具など高価なものを購入したタイミングもあるかと思います。そうした買い物も支払いがまだの場合は、借金の扱いとなります。借金も10000円と300000円では扱いも違ってきます。

就職や結婚前後など物入りの際はクレジットカードの利用も多いことでしょう。こうしたタイミングでクレジットカード申請をすると返済履歴の面で不利になることがあるので注意しましょう。

クレジットカードを作った際、口座振替が必要となります。自分では問題なく口座振替をしたつもりでも実は口座振替がうまくいっていないケースもあることでしょう。そうした場合、返済が遅れてしまうケースもあります。そのあたりもしっかり返済履歴として「遅滞」に該当してしまい、トラブルの原因となります。悪気があるないの問題ではなく、履歴になってしまうため注意が必要です。

上記で説明した通りさまざまな場面で返済履歴がネックになることがあります。返済履歴については自分では気が付かない点も多いと思うので、特に注意する必要があります。

5.クレジットスコアリングとクレジットヒストリーの違いを解説

クレジットスコアリングとクレジットヒストリーの違いを解説
クレジットスコアリングとクレジットヒストリーという言葉を聞いたことがありますか?アメリカなどではよく聞かれる言葉ですが、日本でもクレジットカードを作成する人はしっかりと知っておくとよいでしょう。

まず、クレジットスコアリングについてですが、クレジットスコアリングはスコアリングシステムとも言われている手法です。日本でもクレジットカードの入会審査、自動車ローン、住宅ローンなどのローン審査などに用いられることがあります。

クレジットカードの場合であれば、カード申込者の属性、勤めている会社の規模、年齢、年収、勤続年数などや個人信用情報なども加えて、スコアリング点数化して、カードの発行を判断するというものです。

このスコアリング審査を行うことによって、クレジットカード会社や銀行などはリスクなどを判断します。簡単に言えば、申請者の申込書の内容から点数をつけて評価をするという方式です。それぞれのクレジットカード会社や銀行などでは評価する項目や審査を通過することが出来る点数が違いますが、このスコアリングを元に一定の点数以上となればクレジットカードを発行、あるいはローンであれば融資を受けることが出来るようになります。そのため、負債のある人、多重債務者などの場合にはクレジットカードや銀行のローン審査において簡単にはじかれてしまうということになります。企業の場合などには、信用調査報告書などもあります。企業の経営者の場合には、公的融資などを望んでいる人も多いでしょう。企業の経営を行うにはやはり資金繰りがとても大切になります。資金調達銀行融資公的融資のことを考えている経営者もいます。

銀行融資などの場合にもスコアリングが用いられるというケースは多いです。

クレジットヒストリーとは、いったいどのようなものなのでしょうか?直訳すると、クレジットカードの歴史というようなニュアンスになりますが、そのような意味でこれまで使ってきたクレジットカードの履歴ということになります。よいクレジットヒストリーとは毎月利用していてしっかりと支払いを行っているという状態です。もちろん延滞などの遅れがなく払っているというものです。利用した金額に対して約束の期日までにしっかりと支払いを行っていれば、かなり信用される可能性が高いです。

逆にクレジットカードを利用しているけれど、毎月の支払いが遅れてしまっている、返済をしていない、金融事故を起こしているという場合には、審査担当者からすると大きなマイナスポイントとなります。このような場合には、クレジットカードの発行はもちろんですが、銀行融資を受けることはとても難しくなるでしょう。

現在クレジットカードや銀行ローンを利用しているという人は、絶対に延滞などをしないようにしましょう。延滞などをしてしまうと自分自身の評価を下げることになってしまいます。そのようなことになってしまうと、他社でのローンなどが組めなくなる、クレジットカードの発行が出来なくなるなどの大きな弊害が起こります。

また、クレジットヒストリーについての注意点としては、一定の年齢なのに、まったく利用履歴がないという場合にも警戒されて審査に通らないということがあると言われています。利用履歴がないのなら、延滞などもしていないのだから審査に通るのではないか?と考えてしまうでしょうが、実は違います。

金融事故を起こしている場合には一定期間はその情報が載りますが、一定の期間を過ぎるとその情報が消えます。そのため、それだけだと元々まったく利用していない状況なのか?あるいは、金融事故などを起こして情報が綺麗になったのかの判断が難しくなるのです。そのため、ある一定の年齢以上でまったくクレジットカードの利用履歴がないと警戒されてしまうこともあるのです。

若い世代の人であれば、クレジットカードの利用履歴などがなくてもとくに不審に思われるということはありませんが、30代や40代などで今までまったくクレジットカードの利用履歴がないという場合には警戒されてしまうという場合があります。もちろんこれはクレジットカード会社などによって基準が違うので、クレジットヒストリーがないから絶対に審査に通らないなどということではありません。あくまでも可能性の話です。

6.みずほ銀行が分析するクレジットスコアリングの現状とは

みずほ銀行が分析するクレジットスコアリングの現状とは
クレジットスコアリングという言葉は、よく見かけることも多いでしょう。クレジットカードを作成するときなどには気になるという人も多いでしょう。そもそもこのクレジットスコアリングとは、アメリカなどでよく用いられている手法です。事業を行っている人は、資金調達マニュアルなどを読みながら、資金調達ノウハウを身に付けるという人も多いでしょう。

信用リスクと関連する項目例えば、会社の財政状況などのスコアを算出します。つまり、様々な項目を点数化することによって、与信判断に用いるのです。このスコアリング手法によって、銀行が資金調達を希望している企業にお金を融資するかどうかを決めるのです。

日本においてもクレジットスコアリングは徐々に浸透していて利用しているところも増えているといいます。クレジットスコアリングを銀行などが導入することによって、中小企業などに融資を行う際の審査コストが削減されれば、現状よりも、中小企業向けの資金調達銀行融資が円滑になるのではないかと言われています。資金調達公的融資を希望している経営者などはたくさんいるでしょう。

このクレジットスコアリングのメリットとしては、審査において自動化することが出来るものが多いので、効率化することが出来るということです。それから、通常は地域において支店がないと貸出しが難しい場合でもスコアリングでは、インターネットなどを利用して書類などのやり取りが出来るので、今までよりも広範囲で営業を行うことが出来るという点です。

スコアリングにすることで、審査担当者によるばらつきがなくなるということです。点数化することで、公平に審査を行うことが出来るようになります。これによって審査担当者によってのばらつきを防ぐことが出来ます。一定の基準に基づいて、誰が審査をしても同じ基準になります。審査の効率化をすることが出来ます。

もちろんスコアリングはすべてが完璧というわけではなく留意点もあると言われています。スコアリングのモデルの精度が低いとうまく機能しないということです。スコアリングの基準などは、それぞれ違いますが、その基準が間違っているという場合には、上手く機能しないということです。与信のリスクをしっかりと考慮しないといけないと言われています。現状では、メリットもありますが、デメリットもあるという結論です。
(みずほ総研資料参照)

7.なかなか審査に通過しない人の対処方法

なかなか審査に通過しない人の対処方法
世の中には、様々なクレジットカードや銀行などのローン商品があります。ビジネスローンなどもあります。クレジットカードと一口に言っても、一般カードやゴールドカード、年会費無料のカードなど色々ありますが、審査がないというものは基本的にありません。デビットカードなどであれば話は別ですが、必ず審査があります。審査を経て、運転免許証などの本人確認が出来る資料があればそれで、カードを発行することが出来るという場合が多いです。最近では審査から発行までが即日で、インターネットからのみで完了するという場合も多いです。

それぞれの会社のスコアリングテーブルによって審査が行われます。スコアリング分野についてはそれぞれの会社でどこに重点を置いているかが違うので、審査が通るところや通らないところが出てくるということもあります。

クレジットカードなどの審査でなかなか審査に通ることが出来ないという場合にはどのように改善すればよいのでしょうか?審査に落ちている原因をまずは自分自身で分析するのがおすすめです。審査に通らないのには必ず原因があるわけですからその原因をしっかりと見つけて改善することが審査を通過する近道になるでしょう。

まず債務者であるという場合、年収に対して債務が大きいなどの場合によって審査を通過することが出来ないという場合にはまずは債務を減らすということがとても重要です。債務者にお金を貸すということは、クレジットカード会社、銀行などにとっては大きなリスクとなります。まずは、何よりもこの債務を徹底的に減らすという努力をするのがよいでしょう。

その他、クレジットヒストリーについてですが、インターネット上などではクレヒス修行などという言葉がありますが、クレジットカードの利用実績を作るというものです。クレジットカードの審査の基準は各社それぞれ違いますが、やはり審査に通りやすいカードと審査に通りにくいカードがあります。

そこでまずは、審査の通りやすいカードを作成して、クレジットカードの利用実績を作り、他のグレードの高いカードや、お得なカードなどを狙います。クレジットカードである程度の利用実績があれば審査にもよい影響を与える可能性が大きいです。もちろん、利用実績を作る為には絶対に延滞などを行わないように注意をするという必要があります。

とくに今までほとんどクレジットカードを利用したことが無いという人は、まずは審査の通りやすいところを選んで作成して、クレジットカードでの利用実績を残してから他のクレジットカードなどを狙うというのもよいのではないでしょうか?

自分の信用情報はもちろんですが、しっかりとなぜ審査に通過することが出来ないのかを分析するのがよいでしょう。自分自身の信用情報が気になるという方は、自分の信用情報を確認してみるというのもよいでしょう。信用情報機関に情報の開示を求めることで自分の情報がわかります。費用はかかりますが、信用情報を確認しておくのもよいでしょう。

まとめ

今回クレジットスコアリングについて紹介されていただきました。クレジットスコアリングはクレジットカードを申し込むユーザーを点数化し評価するものです。返済履歴や職業、勤続年数、収入などさまざまな面で考慮されます。

今の時代、クレジットカードがないと不便を感じる場面も多く1枚は所有しておきたいといった人が多いことでしょう。クレジットカードの審査になかなか通らない、あるいは審査が通るか不安といった人はこの記事を参考にしていただければと思います。
クレジットカードの審査については上記で紹介した通り、いくつかのポイントがあります。ぜひ参考にしてみてください。