クレジットカードを審査なしで作れる?!そのカード会社や契約方法と注意点を解説

クレジットカードを審査なしで作れる?!そのカード会社や契約方法と注意点を解説
クレジットカードは、普段の生活の中でとても便利なものです。その時、手持ちの現金が無くても、後払いで商品を購入することが出来る、サービスを受けることが出来ます。クレジットカードを利用している人もたくさんいるでしょう。携帯電話料金の支払いなどに利用しているという人も多いでしょう。

クレジットカードによっては、追加カードとして会員本人だけではなく、家族が利用することが出来る、家族カードやETCカードなどもあります。

また、クレジットカードは個人用だけでなく、法人用クレジットカードもあります。

しかし、その一方でクレジットカード審査に通らない、クレジットカードを作れないという声も多く聞かれます。審査になかなか通らずに、クレヒス修行用のカードを探しているという人もいるかもしれません。クレヒスなども影響することがあるのでしょうか?なぜ審査落ちしてしまう人がいるのでしょうか?クレカ審査の審査基準とはどのようなものなのでしょうか?

また、クレジットカード審査なしで作る事が出来るのでしょうか?調べてみました。

1.クレジットカード審査とは

クレジットカード審査とは
クレジットカードを申し込む際には必ず、クレジットカード会社による審査が行われます。クレジットカード申込者の審査完了後にクレジットカードの発行を行うというのが一般的な流れとなります。

そもそもなぜクレジットカード会社は審査を行うのでしょうか?簡単に言えば、クレジットカードの申込者が信頼することが出来るのか?支払い能力があるのか?という情報を確認するために行います。クレジットカードの場合、キャッシングやショッピング枠などがありますが、それを審査なしで使われてしまうと、返済能力がない人からは返ってこないので、大きな損失となってしまいます。

そのため、必ずクレジットカード審査というものを行うのです。審査基準、審査難易度は各クレジットカード会社によって基準が異なります。審査難易度などは、クレジットカード情報サイトなどで確認するというのもよいでしょう。

審査基準は各クレジットカード会社によって異なりますが、通常の流れとしては信用情報というものを確認します。この信用情報には、クレジットカードの申込や契約に関する情報、支払いに関する情報などが含まれています。つまり利用履歴を閲覧することが出来るわけです。ここで、過去に金融事故を起こしている場合には、金融事故情報が記録されます。いわゆるブラックリストに載っている状態という場合には、クレジットカードの審査を申し込んでも審査に通れないというのが一般的です。

この信用情報というものはそれぞれのクレジットカードの加盟店、つまり信用情報機関によって方法などは異なりますが、信用情報を開示してもらうという事が出来ます。費用がかかるという点には注意が必要です。また開示請求方法はそれぞれの信用情報機関によって異なります。なかなか審査に通過できないという場合には確認してみるというのもよいかもしれません。

このような信用情報などに問題がないという場合には、申込の際に記入した勤務先に在籍確認というものを行います。これは、その人が本当にそこで働いているのか?を確認するためです。最近では会社名を名乗るのではなく、個人名で電話をかけるというクレジットカード会社が多いです。

在籍確認まで終わると審査回答という流れが一般的です。審査回答については、各クレジットカード会社によって異なりますが、申し込み画面のところに審査結果が表示されることや、メールなどで審査結果が来るというのが一般的です。

2.審査がないのは何故?

審査がないのは何故?
通常クレジットカードの場合には、必ず審査があります。審査がないというのは一般的にはクレジットカードではなく、デビットカードというものになります。デビットカードの場合だと、クレジットカードと違い審査を行うことはほとんどありません。ただし、デビットカードの場合には対応した銀行口座が必要となりますので、銀行口座が作れないという場合には、利用することが出来ません。

このデビットカードとはどのようなカードのことを言うのでしょうか?デビットカードはクレジットカードと違い、即時カード利用分を銀口座から即時決済するというのが一般的です。通常のクレジットカードの場合、商品の購入やサービスの代金をクレジットカード会社が立て替えることになります。ですから、立て替えてもちゃんと返してくれる人なのかどうかを審査という形で、行い判断しているわけです。当然信用のない人は、クレジットカードを作成することが出来ないことになります。

クレジットカード会社も立て替えても返してくれなそうな人には、立て替えたくないというわけです。デビットカードは、銀行口座の残高分の範囲内で利用することが出来るので、当然ですが、残高分以上の商品の購入やサービス料金の支払いなどに利用することは出来ません。ここがクレジットカードと大きく異なる点です。

デビットカードのメリットとデメリットをまとめてみました。デビットカードのメリットは審査がないという点です。銀行口座は必要になりますが、審査がないので、作れないという人はほとんどいないカードです。審査に通過するかどうかを悩む必要はまったくありません。

さらにメリットとしては、使い過ぎを防ぐことが出来るという点です。クレカ自体とても便利なものですし、一度審査に通過してしまえば、キャッシング枠、ショッピング枠の範囲内でカードを利用することが出来るので、手元にお金がなくても利用できます。便利さから利用しすぎてしまい、支払いの時に困ったという経験がある人も多いようです。

デビットカードは自分の銀行残高以上の利用は出来ないので、このようなショッピングなどの使い過ぎを防ぐというメリットがあります。

デメリットには、どのようなものがあるのか?それは銀行残高以上に利用することが出来ない、基本的に即時決済である、1回払いが基本ということです。メリットとしても銀行残高以上を使えないというのはあります。使い過ぎを防げるのでメリットにもなりますが、やはり銀行口座残高以上に使えないというのは、デメリットでもあります。

例えば、クレジットカードなら給料日前などでお金が入る予定はあるけれど、手元にお金がないという場合でも商品を購入することが出来る、あるいは美容などのサービスを受けることが出来ます。つまり後払いが出来るというのがありますし、分割などで支払うことも出来ます。

しかし、デビットカードの基本は即時決済、1回払いなので、後払いなどは出来ません。銀行口座に残高があれば利用できますが、銀行口座に残高がなければ利用することが出来ません。ここが、クレジットカードとデビットカードの大きな違いになります。

3.代表的なカード会社を紹介

代表的なカード会社を紹介
デビットカードは多くの銀行などからも発行されています。中でも人気カードとして知られるのが、楽天銀行のデビットカードです。これは、審査がないVisaカードになります。楽天銀行の口座を開設してその銀行口座に入金をするという必要がありますが、とても便利なカードです。利用した分は登録した楽天銀行口座から即時決済となります。店舗や利用日時などによっては後日の決済となる場合もあるので、そこが注意点としてあげられます。

このカードが他社カードと比較して人気なのはポイントが貯まりやすいということです。楽天と言えば、楽天スーパーポイントが有名です。この楽天銀行デビットカードを利用して、楽天グループのサービスの決済に使うとお得にポイントを貯めることが出来ますよ。楽天のサービスを普段よく利用するという人は、クレジットカードと違い、即時決済することが出来、ポイントもお得に貯めやすいのでおすすめです。

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天グループでのお買い物に利用することが出来る他、楽天銀行の振込手数料として利用することも出来るので、楽天銀行などを頻繁に利用する人にもおすすめですよ。

契約方法は簡単で、楽天銀行に口座を持っていないという人の場合には、口座開設と一緒にデビットカードを申し込みます。すでに、楽天銀行口座を持っているという場合には、楽天銀行にログインしてデビットカードを申し込みます。インターネットから申し込みを行うことが出来ますよ。

比較的、審査が通りやすいということで人気なのが消費者金融系カードローンです。おすすめ消費者金融ローンは、プロミスなどがあります。これも注意が必要ですが、正規の消費者金融ならば、必ず審査があります。審査がなくて誰でも貸しますよというのは、正規の金融業者ではないので、注意が必要です。

プロミスをおすすめする理由はやはり審査時間が短いということです。クレジットカードの場合ですと、審査に数日かかるという場合などもありますが、プロミスをはじめ消費者金融の場合には最短30分程度で審査が完了するので、出来るだけ早く利用したいと考えている人にとってはとても嬉しいサービスであると言えます。

プロミスはインターネットで申し込みから借入までが出来るので、とても便利です。とにかく早くカードを発行したいという人には、このような消費者金融のカードを発行するというのがよいでしょう。ただし、審査が速いとはいえ、審査があるということには注意が必要です。誰でも利用できるというわけではありません。

4.申し込む時の注意点

申し込む時の注意点
申し込みを行う際の注意点としては、まず申し込み資格があるかどうか?を確認する必要があります。年齢や収入についてなどの制限があるという場合もあります。各クレジットカード会社では申し込み資格というものが記載されているので、条件に当てはまるかどうか確認しましょう。会社や条件によって専業主婦の方や学生などでも申し込むことが出来るというものもあります。

5.メリットとデメリット

メリットとデメリット
審査のいらないデビットカードのメリットとデメリットについてまとめてみます。デビットカードのメリットは、即時決済されること、審査がないということ、使い過ぎを防げるということです。

デメリットとしては、銀行口座の残高以上は使えないということ。口座に残高がない場合には利用することが出来ないということがあります。

クレジットカードの場合には、クレジットカード会社が商品の購入やサービスの料金として先に、立て替えてくれるので、後払いにすることが出来ます。金額やカード会社などにもよりますが、1回払いでなくても分割やリボなどという形で支払うことが出来ます。現金が財布になくても、信用を条件に限度額の範囲内で利用できるので、給料日前などだととても助かります。

デビットカードは登録している銀行口座からの即時決済が基本です。利用する日時が銀行の営業時間外、利用した店舗などの都合によって後日の請求となることはありますが、即時決済が基本です。その時、銀行口座にお金がなければその金額以上に利用することが出来ません。クレジットカードの利用者に多い、使い過ぎてしまうなどということはありませんが、お金がないという時に利用することが出来ないのはデメリットであると言えますよ。

このクレジットカードとデビットカードの違いを理解しておくという必要があります。

6.申し込み方法

申し込み方法
申し込み方法は利用するデビットカードによって違いますが、一般的にはインターネットから申し込みを行うことが出来ます。デビットカードを利用する際には、対応している金融機関の銀行口座が必要となりますので、対応する銀行口座を持っていないという場合には銀行口座の開設も必要になります。

さきほど紹介した楽天銀行の場合には、楽天銀行の銀行口座がないという人は、口座開設とデビットカードの申し込みを同時に行うという事が出来ますよ。デビットカードには年会費無料のものもたくさんありますので、利用しやすいものを選ぶとよいでしょう。

また、最近では多くの銀行でデビットカードを発行しているので、普段利用している銀行がデビットカードを発行しているかどうかを確認してみるとよいでしょう。発行していればその銀行口座を利用することが出来るので、手間なく作成することが出来るでしょう。デビットカードを作成する際には申し込み条件や注意事項などをしっかりと確認しておきましょう。