ucカードプライズゴールドの申込み審査や評判など解説!ラウンジも使える

ucカードプライズゴールドの申込み審査や評判など解説!ラウンジも使える

ビジネスマンの皆さんも、あるいは主婦や主夫の方でも、ゴールドカードには憧れませんでしょうか。何より利用可能額が大きいので高額な買い物や海外旅行に使いやすい、各種の空港のビジネスクラスラウンジが使える等、具体的な付帯サービスなどのメリットもありますし、各種保険がついていて安心、そして同時に精算時にゴールドカードを出すときのちょっとした優越感のようなもの、ステータス感というようなものを得られるというのもその魅力に寄与していることは紛れもない事実でしょう。

しかしゴールドカードの問題は、審査が厳しいことと、何より年会費が数万円かかる点です。それをしてまで、所有する必要があるのか、というのが多くの人にとってのジレンマでしょう。

そういう人はUCカードにUCカードプライズゴールドというカードの種別があるのをご存知でしょうか。これであれば、上記の問題点をクリアして簡単にゴールドカードホルダーになれるのです。そこで以下ではUCカードプライズゴールドとはどういうカードなのか、申し込むにはどういう手続きが必要なのか、そして所有している人の評判はどうなのか、という点についてご紹介していきます。

1.UCカードプライズゴールドとはどういうカードか

UCカードプライズゴールドとはどういうカードか
では最初にUCカードプライズゴールドのカードとしての特徴をご紹介します。

特徴は
最大の特徴は年会費無料でゴールドカードが作れる、という点です。世の中には初年度だけ無料で2年目から通常通りの年会費がかかったり、年会費無料でも年間の利用金額がある程度なければならない、というものは多くありますが、このUCカードプライズゴールドはそもそも年会費永年無料なのです。

またUCのロゴはついていますが、UCカードはセゾンのグループ企業ですから、クレディセゾンが発行元となり、あとで詳しくご紹介しますが、セゾングループのサービスも受けられます。そして利用限度額は最初から200万円ついていますから、大概の海外旅行はこれ1枚で間に合います。さらに本人以外に、家族会員も1名は同じく年会費でカードが発行されます。

サブカードとしてもメインカードとしても有用
ですからUCカードプライズゴールドはメインカードとしても当然非常に重宝しますし、またすでにメインカードとしてJCBカードなどを各種決済に登録している場合には、サブカードとして持っても年会費無料ですからまったく邪魔になりません。

加入資格や審査期間は
ただし、唯一UCカードプライズゴールドのネックというか、一般的ではない部分は、一般の人は作れないという点です。UCカードプライズゴールドは特定の企業職員や団体職員に向けて募集発行されるカードで、いわゆるコーポレートカードという分類のものなのです。ですから勤務先が福利厚生の一環としてUCと契約して使えるようにしていないと、これを持つことはできないのです。

しかしそれさえクリアしていれば、通常のゴールドカードの審査基準は
・満25歳以上で
・年収500万円以上

であり年会費も1万円ですが、これが完全に無条件、年会費無料になるわけです。

特典やメリットは
このようなカードの場合正式なゴールドカードに対してサービス面で見劣りするのでは、という懸念がありますがUCカードプライズゴールドの場合全くそのようなことはなく、一般のゴールドカード並みの、全く同じサービスが受けられます。

具体的なサービスやメリットは以下の通りです。1つはUC永久不滅ポイントの付与です。これは カード利用1000円につき1Pがつき、それが1Pあたり5~6円相当で商品などに交換できます。そして何より優れているのは、通常のポイントシステムは有効期限があるものですが、これは有効期限なしの「永久不滅ポイント制度」であることです。

また旅行関係のサービスも以下のように充実しています。
・UC海外旅行保険・国内旅行保険:最高補償額5000万円
・UCショッピング補償保険:年間300万円補償
・空港ラウンジサービス:国内26空港38ヵ所、海外2空港3ヵ所のカードラウンジが利用可能。具体的には、以下になります。

新千歳空港/函館空港/青森空港/仙台国際空港/秋田空港/成田国際空港第1ターミナル/成田国際空港第2ターミナル/羽田空港国内線旅客ターミナル(2F)/羽田空港国内線旅客ターミナル(1F)/羽田空港国内線第2旅客ターミナル/羽田空港国際線旅客ターミナル/新潟空港/富山空港/小松空港/中部国際空港/関西国際空港(3F)/関西国際空港(2F)/伊丹空港(大阪国際空港)/神戸空港米子鬼太郎空港/岡山空港/広島空港/山口宇部空港/徳島阿波おどり空港/高松空港/松山空港(2F)/松山空港(3F)/福岡空港(国内線)/福岡空港(国際線)/北九州空港/長崎空港/熊本空港(阿蘇くまもと空港)/大分空港/鹿児島空港/那覇空港/ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)/仁川国際空港(韓国)

・UCゴールド会員優先チケット予約
・旅ナビゲーションtabiデスク:40以上の国内、海外パッケージツアーが最大8%OFF
・海外アシスタンスサービス:世界51都市で旅行を日本語でサポート
・海外緊急カード発行手数料無料
・特別優待プラン:人気のホテル、レストランなどでのUCゴールド会員限定特別優待プラン利用可能
・ゴールドライン東京:海外現地の様々な情報提供だけではなく、格安航空券手配、優待料金でのホテル予約などまで電話だけで依頼できます。

さらにここに加えてセゾングループのサービスも利用できます。
1つは「セゾンポイントモール」です。これは参加店舗数、ポイント還元率とも国内最強レベルの会員専用ネットモールで、参加店舗数は約600カ所、購入や利用でつくポイントの平均付与率は6.64倍です。
2つめは「クラブオフ」という優待サービスシステムも利用できる点です。クラブオフとは以下のような特徴を持ったサービスです。
・20万カ所以上の飲食店、物販店などが加盟
・国内2万件の宿泊施設利用が最大90%オフ
・700カ所の遊園地、テーマパークの入園料が最大75%オフ
・映画が1300円からの優待価格
・700カ所の日帰り湯が最大60%オフ

以上のサービスがUCカードプライズゴールド会員の本人だけではなく、同居している配偶者、2親等までの家族、そして同行している友人にも適用されるという、みんなで楽しむにはぴったりのサービスです。

また急な出費への対応もUCカードプライズゴールドであれば万全です。「UCいつでもキャッシュイン・サービス」を利用すれば、インターネットや電話で24時間申込みができ、それが平日14:30までであれば最短数十秒で決済口座に振り込まれます。また何より、コーポレートカードは通常、その会社を退職したら使えなくなりますが、UCカードプライズゴールドは退職しても、1度発行されたカードはそのまま生涯使えるというのがうれしい制度です。

デメリットは
ただしUCカードプライズゴールドには1つだけデメリットがあります。
1つはセゾンカードと永久不滅ポイントの共通化ができない点です。セゾンカードはセゾングループ内でのポイントに互換性があるのですが、UCカードプライズゴールドの永久不滅ポイントとは互換性がないのです。

2.UCカードプライズゴールドの評判をレビューやコメントで検証!

UCカードプライズゴールドの評判をレビューやコメントで検証!
ではこのUCカードプライズゴールドの評判はどうなのでしょうか。その評判をネット上のレビューのコメントで見てみましょう。

投稿者 F70D さん 投稿日 2017/09/19
職場でこのUCカードPRIZEが申し込めるようになりましたので、クレファン的には、早速申し込んで見ました。
9月3日に申し込みで、9月10日に受け取りました。まぁまぁの発行速度です。
ファーストインプレッションをば、投稿します。

ゴールドカードらしくない面
1.カードデスクが、フリーダイヤルでは無い。
2.海外旅行保険の傷害治療保険金額が150万円(低い!)
3.会員誌「てんとう虫」は送られてこない(お金を払えば別だが)

ゴールドカードらしい面
1.ショッピング限度額がいきなりの300万円
2.ゴールド色の券面(シンプルな券面ですねぇ)
3.カードデスクの対応

ここでは非常に丁寧なカードデスクの対応について詳述します。
「あっとユーネット」の登録で転けまして、早速フリーダイヤルでは無い、普通ダイヤルのカードデスクに電話いたしました。そうしましたところ、原因調査をする、ということで、一旦電話での会話を終わらせた後、暫くして調査の結果の連絡が御座いました。

銀行口座の登録処理の進捗状況など丁寧にご説明を賜り、非常に好印象の対応でした。
電話はフリーダイヤルでは無いですが、対応はゴールドカードを名乗るに相応しい対応と思います。UCカードからの折り返し電話でありましたので、実際の用件は通話料無料でした。

クレディーセゾンの傘下に入りながらも、元銀行系の矜持を感じました。(大げさか。笑)ただ、年会費無料と言うこともありまして、概ね、色だけがゴールドカードのようなサービス状況であるのは否めません。

UCカード Club Offサービスが最も目玉とは思いますが、他の年会費無料のカードにも付帯しているサービスですから、特段優れていると言うこともないでしょう。
ただ、私の所持の他のカードはClub Offは付帯していないので、まぁまぁ利用させていただこうかと思っています。
あと、UCカードという会社は、まだあるのですね。
引き落とし口座の設定での、引き落とし会社名がUCカードになっていました。

引用元 クレファン
https://crefan.jp/review/review_comment?revid=15290

投稿者 tsukasa さん 投稿日 2010/03/16
私は某労働組の組合員ですが、あまりにも会社の福利厚生が悪くなるので労働組合を通じて、プライズに申し込みが出来るようにしてもらいました。そうすると無料でUCクラブオフの特典がついてくるため、優待価格で色々なことができたり空港ラウンジが使えるので重宝します。また、退職後も引き続き無料でゴールドカードが持てます。
会社や労働組合等からUC(クレディセゾン)に接触して社員の福利厚生に一役買ってもらうことをお勧めします。

引用元 クレファン
https://crefan.jp/review/review_comment?revid=5341

投稿者 evid2000 さん 投稿日 2014/10/01
勤務先の福利厚生の一環で取得しました。入会手続きの際には、インターネットで口座振替先を設定したほうがいいと思います。郵送での口座振替登録だと、自分で用紙を取り寄せないといけないです。初期設定では、UCに振り込みを行う設定になってます。
しかし、初期段階での枠も高く、保険や空港ラウンジも充実しているので、メインとしても活躍できると思います。永久不滅ポイントなので無期限ですし、ネットアンサーとの連携もできますので、セゾンカードをお持ちの方にもオススメできます。

引用元 クレファン
https://crefan.jp/review/review_comment?revid=5341

以上のようにUCカードプライズゴールドはかなり評判がよいのがわかります。評価点数もかなり良いです。

3.UCカードプライズゴールドの申し込み方法解説

UCカードプライズゴールドの申し込み方法解説
では実際にUCカードプライズゴールドに加入するにはどうしたらよいのでしょうか。それは以下のようなステップになります。

ステップ1 会社または組合ががUCカードプライズゴールドに申し込む これは必須です。もしもまだ加入していなければ、組合などを通じて要望を出すと、それが福利厚生につながると判断され、意外に簡単に導入されるケースも多いようです。

ステップ2 インターネットで申し込み
すると、その企業や組合専用の加入URLが明示されますので、そこにアクセスして必要事項を入力します。その際には、
・従業員、組合員の場合:会社の所在地、電話番号、資本金、従業員数、入社年月など
・未成年社の場合:親権者の自宅住所、電話番号等

が必要になります。

ステップ3 入会審査
UCで定められた規定で審査が行われます。審査に通らなかった場合は、その旨が郵送で連絡されます。また審査のプロセスとして、勤務先あるいはご自宅に存在確認の連絡が入る場合もあります。

ステップ4 カード郵送 審査に通れば通ればカードが書留で郵送されてきます。来た当日から使用可能です。

4.まとめ

いかがでしたか。憧れのゴールドカードをこのように簡単に所有できるのが、UCカードプライズゴールドの最大の魅力であり、かつそこに付随する各種サービスもまったく一般のゴールドカード同じですから、非常にメリットがあるものです。

ぜひ今勤めている会社で加入していたらメインカードではなく、サブカードでもよいので所有する手続きをしたしたほうがよいですし、まだの会社や組合がまだ未加入の場合はぜひ何人か同志を募って、加入要望を出し、このすぐれた福利厚生制度を手に入れましょう。

追記
追記1.法人での申請メリット
追記2.ucカードプライズゴールドにステータスはあるのか
追記3.ucカードプライズゴールドはラウンジは使える?
追記4.ゴールドカードの役割
追記5.ポイントについて
追記6.総括

追記1.法人での申請メリット

法人での申請メリット
ucカードプライズゴールドは法人での申し込みが可能なケースもあります。ゴールドカードは持ちたいけれど年会費を支払って持つメリットがあるのかどうか?と悩んでいる人もいることでしょう。ゴールドカードは年会費1万円以上から利用できることが多く一般のクレジットカードの比べて維持費がかかります。その反面、ポイント加算が多かったり空港ラウンジが利用できるなどメリットもあります。

海外旅行に行く予定の人は海外旅行の保険がクレジットカードについていたり、海外ヘルプディスクが対応になっていたりと非常に便利なサービスもあります。海外旅行保険ですがたいてい90日なので留学などでも活用できることでしょう。

法人での申し込みですがucカードプライズゴールドは法人申し込みが可能になっておりさらに年会費が無料となっています。これは非常にお得なサービスですね。ゴールドカードは空港ラウンジなどが利用できとても便利です。ラウンジではドリンクがフリーであったりパソコンが利用できるなどサービスについても充実しています。

海外だけではなく国内でも保険を利用できます。飛行機の遅延なども保険対象になっており万が一遅延したときは対応してくれることもあるんです。ucカードプライズゴールドを無料で所有することができ、さらにゴールドカードのサービスを受けられるのでこの機会にぜひとも所有を検討したいところです。

会社によっては福利厚生になっていることもあります。福利厚生として申請を依頼してみるのも良いでしょう。

追記2.ucカードプライズゴールドにステータスはあるのか

ucカードプライズゴールドにステータスはあるのか
クレジットカードの中でもゴールドカードはちょっと別ランクのカードとなります。一般カードより高級なカードと位置付けられておりステータスの面からも注目されています。ところでそもそもステータスはどういう位置づけなのでしょうか?ここで筆者の視点から解説したいと思います。

ゴールドカードは年会費が1万円以上のものが多いです。ポイント加算も通常のカードより多く付与される場合もあり年会費無料や年会費が1万円以内のクレジットカードよりも特典が豊富なものが多いです。

ステータスですが「年会費に見合った特典が得られるかどうか?」という点が焦点になるかと思います。まずucカードプライズゴールドですが法人から発行のもので年会費が無料なら十分すぎるほどステータスをクリアしているといえます。何しろ無料でゴールドの特典を受けられるカードです。これはぜひgetしたいところです。

法人でない場合は1万円を支払って所有することになるのですがそうなるとちょっと違うカードも検討した方がいいかと思います。ゴールドとしてucカードプライズゴールドはそこまで特典が高いといえないからです。1万円の年会費を払うなら違うゴールドカードでもいいかな・・・という気もします。

無料ということが前提であれば空港のラウンジを利用できますし、ポイントについても永久不滅ポイントとなっています。試しにもっておくといった感覚でもよいかと思います。

追記3.ucカードプライズゴールドはラウンジは使える?

ucカードプライズゴールドはラウンジは使える?
出張や旅行などで飛行機を利用する機会がある人もいることでしょう。飛行機の利用ですが短時間で移動できとても便利です。新幹線や電車、車だと長時間移動になりがちですが飛行機だと短時間移動ですし時間も有効活用できます。

ところで飛行機の乗る前後に待ち時間があるといった人もいることでしょう。予定よりも早く空港に到着したり、時間に余裕をもって行動する人もいることでしょう。そうした人はラウンジで休んではどうでしょうか。

空港のラウンジでゴールドカードを所有している人は無料で利用できるラウンジがあります。プラオリティーパスではないのでご注意ください。ゴールドカードでの空港のラウンジ利用ですが国内の空港と海外の空港で利用できるものです。通常800円など費用がかかりますが対象のゴールドカードを持っている人は無料で利用できるんです。

筆者も何度か利用したことがあります。ラウンジでは場所にもよりますが軽食やドリンクのサービスがあります。アルコールは基本的に有料ですがビール1本なら無料ということもあります。これもラウンジによって異なります。ラウンジの利用はパソコンも利用可能です。Wifiと電源設備があり気軽に利用できます。飛行機に乗る前後の時間を利用してパソコン作業をするのも良いでしょう。また新聞や雑誌などもあります。ちょっと一息つくカフェのような感覚で利用するのも良いかと思います。

羽田空港や成田空港など利用者が多いところはラウンジが満員であるケースもたびたびあります。特に荷物を受け取ってバス待ちの周辺のラウンジはかなり人が多いです。荷物受け取りがないなら受け取り前のブースのラウンジを利用するといいでしょう。

プライオリティパスですがこちらもクレジットカードの特典になっていたり、海外旅行に行く予定の人はぜひとも持っておきたいカードです。通常利用だと27usドルかかります。こちらのラウンジは豪華ラウンジで軽食ビュッフェやお酒フリー、カフェコーナー、スイーツコーナーなどかなりの充実ぶりです。多くの場合、入国審査を終えてから飛行機に乗り込むまでの利用になるので利用時間は1時間前後程度でしょうか。フライトに遅延が出た場合はこうしたラウンジがあると大変便利です。

国内ではプライオリティパスを利用できるラウンジはほとんどありません。よって利用するとしたらゴールドカードのラウンジです。飛行機でお出かけ予定の人はなんらかしらのゴールドカードを1枚持っておくといいでしょう。ゴールドカードですが1年目は年会費無料のサービスを実施しているところも多いです。こうしたサービスも上手に活用したいところですね。

追記4.ゴールドカードの役割

ゴールドカードの役割
ゴールドカードの役割ですが何と言っても特典の厚さです。特典は各種ゴールドカードで異なります。まずは自分がほしい特典を知ることが大事です。なぜ特典を知ることが大事か?というと知らないとどういう場面で利用できるかわからず、選択もできないかと思います。海外旅行に行く予定の人は海外旅行保険がついているもの、家族で海外旅行へ行く予定の人は家族付帯のものかどうか?を確認するといいでしょう。

ゴールドカードの役割としてポイント率の高さも大きな魅力です。ucカードプライズゴールドで法人発行の場合年会費がかかりませんが通常のゴールドカードは年会費がかかります。その分特典も豊富なので特典の利用を活用したい人はゴールドカードを作成するのも良いでしょう。

またゴールドカードは1年目は年会費無料といったキャンペーンを実施しているところも多いです。まずはキャンペーンものを1枚所有してみるのも良いかと思います。

ゴールドカードですが使い方は人それぞれです。ucカードプライズゴールドでは海外旅行保険やラウンジ利用の対象となっており、こちらの利用予定がある方にもおすすめのカードです。また家族で旅行する場合、同居の子供なども保険がカバーされていることが多いです。こちらについても有効利用できます。

ゴールドカードはある程度の年収がないと発行されないカードでもあります。ゴールドカードを持っていることで世間の信頼度につながることもあります。特に海外では現金ではなくクレジットカード払いが当たり前のところも多いです。アジアなど新興国ではまだまだ現金のみしか使えないところが多いです。場所によっても違いますが海外旅行に行くならひとまず1枚はクレジットカードを持ちたいところです。

筆者の場合海外旅行に年に1度~3度家族で出かけます。そのためゴールドカードについている海外旅行保険は非常に重宝しており、実際に海外現地の病院で何度か利用させてもらいました。カード所有の本人の場合、通訳付きの提携病院ではキャッシュレス対応で診療してもらえます。領収書が必要ですがタクシー代についても請求の対象となります。

追記5.ポイントについて

ポイントについて
UCカードPRIZEなどucはさまざまなカードがあります。UC永久不滅ポイントなど加盟についても調べてみるといいでしょう。ポイント加算にもおすすめなクレディセゾンは多彩なカード提供を実施しています。

ucカードプライズゴールドは会社の福利厚生になっているケースもあり社員なら無料でカードを持てるというお得なカードです。家族会員などもあります。利用金額ですがなんと無料なんです!これはぜひ利用手続きをしたいところですね。ゴールドカードのメリットを無料で受けられるうれしいカードとなっています。

セゾンポイントモールでもポイントは利用できます。セゾンの永久不滅ポイントやUC永久不滅ポイントも活用できます。セゾンであらかじめ登録しておくとサービスも受けやすいです。UCカードゴールドやUCギフトカード、UCポイントなど特典も盛りだくさんです。

クレジットカードは利用可能枠が設定されています。UCゴールドカードでは300万円が最高額です。カード会社の提携カードとてもかなりも額と言えます。一般カードだと30万円までなど少額なケースも少なくありません。UC法人カードやVisaゴールドカード、UCコーポレートカード、UC PRIZEカードなども調べてみるといいでしょう。

1枚は所有しておきたいのがVISAブランドのカードです。世界各国でもvisaの利用率はかなり高くとても便利です。利用制限がけっこうされているのがアメックスです。アメックスは手数料が高いので店舗側があまり導入したがらないといういきさつがあります。

MileagePlus UCカードについても良いでしょう。筆者はユナイテッド航空のマイレージを貯めているのでマイレージプラス系が好きです。PRIZEカードやセゾンゴールド、UCカードClub Offなど主要ゴールドカードとUC一般カードを比較しても無料でucカードプライズゴールドを持てるのは非常にメリットがあります。カード会員になっておくに越したことはありません。

カードローンがある人はゴールドカード入会の審査で引っかかってしまう場合があります。なるべくならローンがない状態がベストです。みずほUCカードなども人気となっています。UCカードも1枚は所有しておきたいカードの1つと言えるでしょう。

ポイントを効率よく貯めるためには1つのポイントに集中して貯めるのが1番です。1つでは利便性が悪い場合は2つでもいいと思いますがなるべく1つに集中するよう心がけるとポイントが貯まりやすいことでしょう。1人暮らしの人は家族世帯よりクレジットカード利用額が少ないかもしれませんが、公共料金や携帯代、車のガソリン代など支払いについてはけっこうな額になることも少なくありません。この機会にポイントについても見直してみるといいでしょう。

追記6.総括

ucカードプライズゴールドと法人が提携している場合、社員は無料でucカードプライズゴールドを所有できる可能性があります。もし無料で所有できるならいますぐ作成しましょう!これは大変お得です。

ゴールドカードは年会費が高いといったイメージがある人も多いことでしょう。実際多くのゴールドカードは1万円以上の年会費がかかります。ucカードプライズゴールドも法人経由の発行ではなく通常発行なら1万円の年会費がかかります。

ucカードプライズゴールドを持っていると国内の空港でラウンジが無料利用できます。ラウンジはフリードリンクとなっておりコーヒーやジュースなどが用意されています。アルコールは有料のところが多くあまり期待できませんが、WIFIの環境が整っていたりパソコンを利用できるなどメリットも高いです。

空港の搭乗と到着で時間に余裕がある人はラウンジで時間をつぶすといいでしょう。下手なカフェよりゆっくり過ごすことができます。電源が完備されていることも多くパソコンでの作業もおすすめです。携帯の充電をするのも良いかと思います。

ゴールドカードですがショッピング枠も通常のカードより大きくなっています。またポイント加算も通常のカードより1.5倍など多いケースがあります。このようにポイント面でもメリットがあるのでぜひとも利用を検討してみるといいでしょう。

クレジットカードは当然ながら審査があります。ローンがあったり過去に返済が滞っている場合は審査で不利になります。こういったことにならないためにもクレジットカードの利用も気を付けて行いたいところです。クレジットカードの履歴はヒストリーとして残されています。