UCSカードのメリットやデメリットは何処にある?解約方法についても解説!

UCSカードのメリットやデメリットは何処にある?解約方法についても解説!

UCSカードが手元に届くとスーパーやコンビニなどでのお買い物がお得に。どの店舗でお得になるのか、どんなメリットやデメリットがあるのか、解約方法などについても紹介していきます。気になるという方は参考にしてみて下さい。

1.UCSカードとは

UCSカードとは
UCSカードはユニーグループで割引優待が受けられるクレジットカードです。初年度、次年度UCSカードならともに年会費無料、気軽に作成する事が可能。ユニーグループを良く利用している方に魅力の大きなクレジットカードとなっています。

メリットの中で一番に挙げられるのが、お買い物がお得になるという点。指定の日にお買い物すれば安くなるのが魅力の一つとなっています。

デメリットはポイント還元率があまり高くないという点。ポイント還元率最強カードと比べると見劣りしてしまいますが、ポイント還元率だけでは判断できない魅力が他にもあります。

UCSカードはアピタなら毎月19日と20日のOFF感謝デーにて5%お得になります。ピアゴなら毎週金曜日に5%OFF。定期開催の他、臨時開催もあるために実際にはOFF感謝デー多すぎる位と言えるでしょう。

アピタネットスーパーなら第二と第四金曜日にて5%OFFセールに。ネットスーパーなら仕事や家事や育児などで店舗まで直接出かけるのが難しいという時でも自宅まで届けて貰えます。

UCSカードではポイント2倍デーも用意しています。アピタやピアゴなら毎週日曜日、サークルK・サンクスなら毎週土日、ミニピアゴなら毎月15日Uポイント2倍に。ポイントを上手に貯めたい方にも魅力の大きなクレジットカードです。

アピタやピアゴで割引優待対象となる商品は衣料品や食料品、暮らしの品。食料品は毎日必要になりますが、なるべくまとめ買いして賞味期限内に召し上がりたいところです。

UCSカードの公式サイトではいつ特典が受けられるのか、UCSカード会員向けに優待カレンダーを用意しています。文章だけでは分かり難いという方でもカレンダーなら分かりやすいですよね。忙しさで忘れてしまうという方はプリントアウトし、冷蔵庫など毎日見る場所に貼り付けておくと良いでしょう。

UCSカードではさらにバースデープレミアムチケット、プレミアム5%OFFチケット、UCSボーナスポイントまでゲットできます。バースデープレミアムチケットは誕生月の月初めから月終わりまで、都合の良い日にアピタやピアゴでのお買い物が5%お得に。プレミアム5%OFFチケットは利用期間中なら都合の良い日に5%安くなります。UCSボーナスポイントなら対象商品のお買い物でUポイントとボーナスポイントとダブルでゲットできるのが良いところ。

2.UCSカードのメリットについて

UCSカードのメリットについて
UCSカードのメリットは割引優待やポイント2倍デー、チケット、ボーナスポイントだけではありません。実は優待加盟店でのお支払にカードを使うと優待割引価格で利用可能に。

飲食店や美容室、スポーツクラブ、レジャー施設、ガソリンスタンド、レンタカー、宿泊施設など優待加盟店のジャンルは様々です。いつも現金払いしていたお店が、UCSカードによってお得に利用できる事があるのです。

Uポイントが貯まるのはお買い物だけではありません。電気やガス、水道など公共料金の支払いでもUポイントが貯まります。公共料金の支払いは現金または口座振替といった方はカード払いに変更するとお得に。

UCSカードでは貯めたポイントをユニー・ファミリーマートグループ商品券や三井住友ギフトカードなど商品券に交換する事が可能。ユニー・ファミリーマートグループ商品券はアピタやピアゴ、サークルK・サンクスなどユニーグループでのお買い物に使えます。三井住友ギフトカードは全国のデパート、スーパーなどの取り扱い店舗でのお買い物に。その他にもユニコ電子マネーやJMBマイルへの交換、社会に貢献したいという方はユニセフや日本赤十字社に寄付する事もできます。

会員がカード払いした時はカード会社がショップに立て替え払いを行います。締め日に利用代金が決定し、支払日に口座から引き落としされる仕組みになっている。UCSカードの締め日は毎月15日、支払日は翌月10日。支払日までタイムラグがあるため、お買い物した後は口座に残高不足が生じないように注意して下さい。クレジットカードの場合は毎月給料が振り込まれる口座を選びたいところです。

UCSカードには便利なサービスがたくさん付いているという点も大きなメリットとなっています。一つはETCカードが無料で届くという点。高速道路の料金所で現金払いするのでは面倒な事がありました。停車する位置がずれてしまうと、料金精算機まで手が届かないという事も良くあります。ETCカードと車載器さえあれば料金所を停車せずに通行できるようになるのが良いところ。

料金所が近くなったらETCレーンに入り、時速20km以下で走行するだけで大丈夫です。高速道路の料金はUCSカードの利用代金と一緒に口座から引き落としされます。クレジットカード一体型の場合、車載器に差し込みしたままだとお買い物時にカード払いができないことが。そのため買い物時には差し込みしたカードを取り外す事が必要でした。しかしUCSカードではクレジットカード分離型だから車載器にETCカードを差し込みしたままで大丈夫です。

UCSカードにはお支払い方法変更サービスも付いています。クレジットカードの支払い方法は1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなど様々。お支払い方法変更サービスでは1回払い、2回払い、ボーナス一括払いを選んだ後でも、リボ払いまたは分割払いに変更する事が可能です。

UCSカードではインターネットまたは電話で手続きができます。いったん1回払いを選んだが、余裕が無くなったという時に便利なサービス。1回払いのみのお店でもリボ払いまたは分割払いができる事があります。ただしリボ払いまたは分割払いはカード会社所定の手数料をお支払する事が必要。

UCSカードにはご利用可能枠増額サービスの利用ができます。クレジットカードではご利用可能枠の範囲なら繰り返し利用できるため、追加で買い物したい時にも便利。しかしご利用可能枠を超えた利用はできません。

ご利用可能枠が足りないという時でもご利用可能枠増額サービスを利用すれば利便性が高まります。旅行や出張など一時的な利用に限られる時は一時増枠サービス、リボ払いまたは分割払いの枠を増やしたい時は割賦枠増枠サービスなどシーンに合った増枠サービスの利用ができる。

UCSカードではキャッシングサービスが付いています。お金に困った時は最寄りのATMにてカードを差し込みすれば、すぐにキャッシングできるようになる。このキャッシングサービスは海外ATMでも利用できるのです。海外旅行や海外出張に行く前には日本円から現地通貨への両替を行います。しかし両替すると大きな手数料が発生する事がありました。

キャッシングサービスなら両替するより安いコストで利用できるのが魅力。海外で現地通貨が足りなくなっても両替する手間を省けます。現地の金融機関窓口にてカードとパスポートを提示するという方法でもキャッシングサービスの利用が可能。現地語または英語の海外ATMでは操作方法が分からないという場合でも安心です。

ただしキャッシング枠を超える利用はできませんので注意して下さい。キャッシングのために当然ながら利息が発生します。事前に返済シミュレーションを利用し、無理のないキャッシングを行って下さい。

UCSカードにはUCSパックツアー優待サービスにて旅行代金が安くなるという特典もあります。国内旅行や海外旅行が好きという方にも魅力のあるクレジットカード。海外の加盟店でもショッピング時の支払いに利用できるため、一枚持っておくと頼りになる存在となります。

UCSカードではインターネットショッピングサイトのぽいん貯モールを用意しています。UCSカード会員ならぽいん貯モール経由でお買い物すると最大30倍もUポイントが付くのです。ぽいん貯モールには美容や健康、ファッション、グルメ、家電、パソコン、本、チケット、ゲームなど様々な商品が揃っています。様々なネットショップが加盟しているため、いつものネット通販がお得になるのが良いところ。

UCSカードにはショッピング安心保険が付いています。カードで商品を購入した後、破損や盗難があっても90日間なら補償が受けられます。安心して商品購入時のお支払に使えるのが良いところ。ただし補償期間の90日間を過ぎると補償が受けられなくなるため、早めに連絡する事が必要です。

UCSカードではUCS旅とくプラスというオプションを付ける事が可能。国内旅行や海外旅行中の際に発生したアクシデントでも補償が受けられるというオプションです。国内旅行、海外旅行ともに傷害死亡・後遺障害の場合は1000万円の保険金が下ります。

海外旅行では疾病治療費用、傷害治療費用ともに100万円。海外の国によっては盲腸の手術を受けると100万円ほど掛かる事がありました。高額な治療費が発生しても保険の分だけカバーして貰えるのが良いところ。ただし有料オプションなので、年会費1,080円のお支払が必要です。

海外旅行の場合は最大90日間、国内旅行の場合は最大30日間の補償となっています。長期滞在する時は補償期間に注意。国内旅行ではカードで旅行代金をお支払する事が必要ですが、海外旅行では旅行代金の支払い方法は関係ありません。

中日ドラゴンズファンという方に魅力なのがUCSドラゴンズプレミアムのオプション。本拠地であるナゴヤドームのチケットが年4枚プレゼントされます。これはオプションを付けた会員全員が対象となるプレゼント。

生で野球観戦したい時に魅力が大きいと言えるでしょう。その他にも会員限定のドラゴンズキャンペーンに参加できるようになります。オリジナルのドラゴンズグッズが貰えるチャンス。

3.UCSカードのデメリットについて

UCSカードのデメリットについて
次にデメリットについて説明していきます。ポイント還元率0.5%という低さ以外にもUCSカードにはいくつかのデメリットがあります。

アピタやピアゴの店舗が近くに無いとメリットが薄くなるという点。アピタやピアゴは東海地方中心に東北、関東、甲信越、北陸、近畿などに店舗があります。その他のエリアに住んでいる方は来店が難しくなる事が。

4.UCSカードを解約する場合について

UCSカードを解約する場合について
次に解約方法の説明を。UCSカードが不要になった時は解約ができます。解約方法には解約届で行う、UCSコールセンターに連絡すると2種類。解約届の請求はUCSネットサーブ、UCSコールサーブ、UCSコールセンターにて行えます。

クレジットカードの解約には様々なメリットがあります。カードの枚数が増えると管理が大変になりますが、解約によって枚数が減ればその分だけ楽になるという点。締め日や支払日、引き落とし口座がカードごとに違うと頭の中が混乱する事がありますが、解約によって整理しやすくなります。

カードの枚数が多い場合、紛失しても気が付かない事がありました。気付かずに放置すると不正利用される恐れがありますが、カードの枚数が少なくなれば気が付きやすいのです。さらにカードの枚数を減らすと新しいカードの審査が通りやすくなるというメリットも。

ただし入会後すぐに解約といった行為は禁物です。カードによっては様々なキャンペーンを開催している事があります。すぐに解約といった行為はキャンペーン目的であると判断されかねないのです。入会審査の際に照会をかける信用情報には申し込み情報や解約情報が記録されているため、他の会社発行のクレジットカードに申し込みしても分かってしまいますよ。

解約する時はカードの残高には注意が必要。残高がある状態で解約すると一括支払いが求められる事があるのです。今まで貯めたポイントも無駄になってしまうため、解約する前に交換しておくと良いでしょう。

5.最後に

ここまでUCSカードのメリットやデメリット、解約方法などを紹介してきました。ユニーグループでのお買い物がお得になる、お得で便利なサービスがたくさん付いている、旅行保険も付けられるなどがメリット。

お得になるかならないかはあなた次第です。デメリットは還元率の低さですが、ポイントの付きやすさである程度カバーが可能。解約する際のUCSコールセンターへの連絡は午前9:00から午後5:30までの受付時間以内に行って下さい。

追記6.UCSカードUポイントの詳細や還元率について解説

UCSカードUポイントの詳細や還元率について解説
UCSカードで貯めることが出来るのが、Uポイントです。対象店舗での買い物、公共料金の支払い、インターネットでの買い物などによって、Uポイントが貯まります。利用金額200円につき1点が付与されます。

このUポイントの注意点としては、公式サイトでの注意書きもあるように、キャッシング、カードローン、各種ローン、年会費、Edyバリューチャージ、ATM手数料は、Uポイントの加算対象外なので、注意しましょう。この利用ではポイントは加算されません。対象となる店舗でのショッピングなどがポイント付与の条件となります。

また、Uポイントには有効期限があるので注意が必要です。最長で2年間となります。Uポイントの有効期間は必ず確認しましょう。現在の自分のUポイントがどのくらい貯まっているのか確認したいという場合には、インターネットから確認することが出来ます。UCSネットサーブにログインして確認することが出来ます。このUCSネットサーブとはUCSカード会員サービスのことで、Uポイントの照会やカードの利用明細などを行うことが出来ます。

それ以外でも、利用明細にポイント数が掲載されています。現在のポイント合計というところを見ると自分が現在どのくらのポイントを所有しているのかがわかります。

また、Uポイントをたくさん貯めたいという人におすすめなのが、ぽいん貯モールです。ぽいん貯モールとは、UCSネットサーブ会員限定のショッピングモールのことです。Uポイントが最大30倍貯めることが出来るというのが大きなメリットです。とてもお得なショッピングモールですが、利用するためには条件があります。その条件としては、UCSカードを持っているということと、UCSネットサーブに登録しているという事が条件になります。

UCSカードのポイント還元率は0.50%から1.00%と言われています。利用するサービスなどによって還元率が変わります。還元率が低いなと感じている人はとくに、このサービスを利用するのがよいでしょう。通常よりもお得にポイントが貰えるのが魅力です。

ぽいん貯モールで買い物をすると通常よりもどのくらいお得になるのかというと、例えば、10,000円の洋服を購入するという場合には通常のカードの利用であれば、50点となりますが、ぽいん貯モールを利用すると通常の50点とボーナスポイントを貰うことが出来ます。ショップによってポイントの倍率はことなりますが、ポイント10倍のショップで購入すると500点貯めることが出来ます。これはとてもお得です。利用方法やポイントについては、ぽいん貯モールの公式サイトでも説明があります。通常よりも多くポイントが貯まるのが大きな特典です。

ポイントについて一番多くの人が気になるのが、貯めてポイントをどうするのか?ということですが、ポイントについては貯めたポイントは1,000点ごとに1,000円分の商品券などに交換することが出来ます。交換に関する注意点としては、1000点以上から交換することが出来て、1,000点単位での交換となります。

Uポイントの交換商品についてですが、どのようなものに交換することが出来るのかをもう一度しっかりと確認しておきます。UCSカードマイメロディ会員限定のサービスとして、マイメロディグッズと交換することが出来ます。フェイスタオルや、クオカードなどのマイメロディグッズと交換することが出来るので、マイメロディが好きな人には嬉しいサービスです。

また、ドラゴンズカード会員限定のサービスには、ドラゴンズグッズと交換することが出来ます。ドラゴンズファンには嬉しいグッズがたくさんあります。フェイスタオル、バスタオル、ドアラ直筆サイン入り保冷バッグ、選手直筆サイン入りユニホームなどや試合のチケットなどもあります。プレミアムチケットなどを狙うのもよいでしょう。交換数には限りがありますので、注意が必要です。ドラゴンズファンにはおすすめのサービスとなっています。

一般の人の場合には、ユニー・ファミリーマートグループ商品券、ユニコ電子マネー、図書カード、三井住友ギフトカード、JMBマイル、ユニセフ、日本赤十字社への寄付などがあります。

アピタ・ピアゴやサークルKサンクス、ファミリーマートなどでお買い物をする機会が多い人にはおすすめです。

電子マネーに交換するという場合には、ユニコカードが必要となるという点に注意が必要です。図書カードは全国の図書カード取扱い加盟店で利用することが出来ます。本が好きな人、誰かに本をプレゼントするなどという際にもおすすめです。

三井住友ギフトカードもとても便利です。全国50万店以上の取扱店があるので、便利です。国内の色々なお店で使えるというのが大きなメリットです。商品を選択する幅も広がります。サンクスなどが近くにないという人でも利用できるのが嬉しいでしょう。

JMBマイルとは、UポイントをJALマイレージバンクのマイルに移行することが出来るというものです。条件も確認しておきましょう。UCSカードの会員本人で、JALマイレージバンクの日本地区会員の人が移行することが出来ます。マイル還元率などが気になるという人もいるでしょう。Uポイントは200円で1点です。JMBへポイントを移行するという場合のレートは、Uポイント1000点で500マイルに移行することが出来ます。

交換単位としては、1,000点で500マイル。2000点で1,000マイル。3000点で1,500マイル。4000点で2,000マイル。5000点で2500マイルに交換することが出来ます。移行手数料などはかかりませんが、しっかりとポイントを移行する際のレートは確認しておきましょう。

追記7.UCSカードの買物以外のメリットについて解説

UCSカードの買物以外のメリットについて解説
UCSカードの買い物以外のメリットにはいったいどのようなものがあるのでしょうか?買い物以外で大きなメリットと言えば、やはり優待加盟店でお得な割引サービスなどを受けることが出来るという点です。

様々な種類のお店、専門店の優待を利用することが出来るのは大きなメリットです。両行などの際の、ホテルなどの宿泊先にも加盟店があるので、旅行好きな人にもおすすめです。どのような提携先があるのか気になるという人もいるでしょう。例えば、ガソリンの宇佐美やトヨタレンタカー、海外に旅行に行く際などに便利なHIS、警備会社のALSOKなどのサービスがあります。

また、UCSカード会員向けの保険があるというのも大きなメリットです。カード付帯のショッピング保険やUCSゴールドカード限定の物では、旅の安心保険があります。その他の保険として、UCSとくプラスというものがあります。こちらは年会費無料ではなく、年会費1,080円となります。やはり、ショッピング安心保険などがあるのと、ないのでは安心感に大きな差があります。利用明細掲載ツアーなどに参加して旅を楽しむのにも最適です。

旅の安心保険はゴールドカード限定ですが、海外旅行や国内旅行の万一の際にも便利なもので、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険サービスです。このように海外旅行保険があれば、旅行をしている時のトラブルにも安心して対応することが出来ます。営業本部でもこのような色々な保険には力を入れているようです。

また、UCSとくプラスは登録している会員とその家族全員が対象で補償されるという旅行保険です。旅行が好きな人などは万が一の時に備えて加入しておくとよいでしょう。

さらに、他にはUCSロードサービスなどがあります。UCSロードサービス24というシステムは、一般道や高速道路まで年中無休で24時間対応してくれるので、車の万が一のトラブルの際などにはとても安心です。このサービスの対象カードは公式サイトで確認することが出来ます。いつでも営業していて、困った時には助けてくれるというのはとてもありがたいサービスです。マイカーを仕事やプライベートで利用しているという人は、しっかりとしたロードサービスに加入しているというのは安心感が全く違うといえるでしょう。ロードサービスなどはおすすめです。普段運転する機会が多い人はとくに加入するとよいでしょう。

追記8.UCSカードの評判とは?

UCSカードの評判とは?
UCSカードと言えば、ユニーグループのクレジットカードとして有名です。株式会社UCSのカードです。この会社は、クレジットカード事業や保険代理店事業などを行っている会社です。アピタやピアゴでのお買い物をする際にもお得になるということで、利用者も多いクレジットカードですが、そのUCSカードを実際に利用している人の口コミや評判とはどのようなものなのでしょうか?サークルKなどで利用している人も多いかもしれません。年会費無料のカードもありますし国際ブランドのものもあります。

まずは、UCSカードの良い口コミを調べてみました。良い口コミとしては、家の近くにUCSカードを利用することが出来る店舗アピタやピアゴがある人には、とてもUポイントを貯めやすいということです。

普段の買い物で現金で支払いを済ませるのもよいですが、UCSカードを利用することでポイントが付くので、とても魅力があるし、安く購入することも出来るので、とてもお得であるという声が聞かれます。ポイントを貯めることが出来て、貯まったポイントを商品券などと交換することが出来るので、年間で多く利用する人にはとてもお得だという声が多いです。

また、感謝デー特典などもあるのがよいという声があります。1年間を通して多くの感謝デーがあるのは利用者からすると嬉しいという声が多いです。有名なのは、5%OFF感謝デーなどがあります。5%OFF感謝デーは安く購入することが出来るので、近くに店舗があるという人にはとても嬉しいサービスです。

悪い口コミとしては、どのようなものがあるのか?ということですが、やはり多いのが利用することが出来る店舗の少なさでしょう。近くに対象店舗があるという人にはとてもお得なクレジットカードですが、そもそも利用する機会がないと優待などがあるとはいえ、大きな魅力にはなりません。